ASIACLICK NEWS−ASEAN10カ国、台湾、香港の現地特派員が現地のマーケットの生情報をお伝えします。

インドネシアの富裕層は、クレジットカード利用者を狙え!

Picture4

こんにちは!ジャカルタ特派員のルキです。

今回はインドネシアの上位中間層以上から富裕層への消費ビジネスの秘密についてお伝えいたします。今回はクレジットカードとの関連ビジネスのご紹介です。

インドネシアではクレジットカードの普及率は未だ他国に比べると少ないです。

下記のグラフからも分かる通り、インドネシアでは浸透率は大変低くなっています。

 

しかし、これは、人口が世界4位の多さであるため国内での貧富の差が大きいのが理由ですが、インドネシアの上位中間層以上の人口は現在7400万人以上、2020年までには現在の倍に到達し、日本の人口上回ります。詳しくは→http://asiasns.jp/indo2020businessmarketdata-3514

 

クレジットカードを所有している上位中間層以上の人口をターゲットにした消費ビジネスに、インドネシアでは大変人気なクレジットカード割引があります。

下記の通り、クレジットカード保持者はウェッブサイトで割引が利くお店と条件を確認することができます。こちらはCITIBANKの場合です。

選択肢も大変多いです。

Picture5

 

 

 

 

https://www.citibank.co.id/portal/blue/en_home.htm

日本の串レストランの串家物語も日本円で3000円以上利用の場合、1000円の割引となります。とても割引率が大きいのがポイントです。

Picture6

 

 

 

 

次にBCA銀行の場合、Starbucksの割引やサービスが受けられます。

例えば、空港出発ロビーでは、1ドリンク無料のサービスがあります。(クレジットカードと同じ名前の航空券を見せる必要があります)

また、1サイズ無料でアップグレードや、月末にはスタバカードにRp.,200.000入金すれば1ドリンク無料でもらえるサービスなどがあります。

Picture7

 

 

 

 

 

http://www.bca.co.id/id/Promo-BCA/2016/02/20/09/50/Starbucks

インドネシアで上位中間層以上のビジネスを狙うなら、クレジットカード会社との協力が大きなポイントとなります。

日系レストランの入れ口にもクレジットカード割引の情報が確認できるようになっています。

Picture8

 

 

 

 

 

 

(ジャカルタ市内の大戸屋)

Picture9

 

 

 

 

 

 

(ジャカルタ市内のPepper Lunch)

インドネシア人は割引が大好きで、友達の間で情報交換などよく行われます。

特に飲食店を利用の際は、店員にどんなクレジットカード割引があるかを、必ず尋ねるのが一般的です。

インドネシアでのビジネスのお考えの際は、弊社へぜひご連絡くださいませ。

現地よりアドバイスさせていただきます。

(アジアクリック・ジャカルタ担当/ルキ)


最後までお読みいただきありがとうございます。
本ブログは、アジアクリックが運営しています。

お問合せ・アジア市場のご相談は

アジアクリック
TEL:0120-74-1990
email:info@asiaclick.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

アジアクリック
ページ上部へ戻る