ASIACLICK NEWS−ASEAN10カ国、台湾、香港の現地特派員が現地のマーケットの生情報をお伝えします。

インドネシア中華料理店でのハラール事情

haral

スラマットシアン! アジアクリック・ジャカルタ特派員のルキです。

インドネシアでは中華系インドネシア人が人口の10%弱を占めると言われており、中華料理店も多く存在します。
中華料理の問題は豚を多く扱っていることです。
そこで、去年末ジャカルタに初上陸した香港の人気飲茶店ジャカルタにてTIMHOWANでのハラール対応をレポート致します。haral

メニューをご覧ください。プレートが白と黒です。
白は非ハラール、黒はハラールの方用のメニューです。
ひと目で分かりやすいですね。
店内に入れば、机には白いプレートと黒い箸が並べられています。
haral1
しかし、ハラールメニューをオーダーしたら、
店員がすぐに、黒いプレートと白い箸に交換してくれました。
halar2
メニューも表と裏で非ハラール、ハラールメニューと分かります。
メニュー内のプレートの色でも識別できますね。
こちらは、非ハラールメニュー

Haral3
こちらはハラールメニュー
Haral4
多国籍文化の共存とお互いを尊重するには、
日本がこれから多くの訪日客対応に、ぜひ参考にして頂きたいです。

(アジアクリック・インドネシア特派員/ルキ)

当社では、Facebook運用代行を中心とした訪日・現地PR、現地調査、現地営業代行で日本の皆様がアジアを知り、アジアと繋がり、アジアでうまく行くお手伝いをさせていただきます。
アジア市場のビジネスはお気軽にご相談下さい。info@asiaclick.jp


最後までお読みいただきありがとうございます。
本ブログは、アジアクリックが運営しています。

お問合せ・アジア市場のご相談は

アジアクリック
TEL:0120-74-1990
email:info@asiaclick.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

アジアクリック
ページ上部へ戻る