ASIACLICK NEWS−ASEAN10カ国、台湾、香港の現地特派員が現地のマーケットの生情報をお伝えします。

台湾人が見る鴻海SHARP買収ニュース観点~鴻海とは、どういう会社?前半~

皆様、こんにちは!台湾特派員のチャニンです。

Honhai1

2016年が始まってから、台湾で最も注目されている日本関連のニュースは、なんといっても、台湾企業-鴻海(フォックスコン)のSHARP買収です。

鴻海は日本ではあまり知られていない会社かもしれませんが、しかし台湾や中国大陸では知らない人はいないと思います。今日では、請け負う電子機器受託生産 (EMS) では世界最大の企業グループです。今回は鴻海という会社を概観しながら、今回の買収についてお話ししましょう!前半では、鴻海の紹介をさせていただきます。

Honhai2

鴻海は1974年台北県で郭台銘氏が成立して、起業当初の従業員が十数名から今では130万人と急成長し、アップルを中心に大手メーカーに、各種パーツをOEMで供給し、組み立てを行っています。近年、iPhone、iPad生産で知られています。また、昨年はSoftbankのロボットのPepperも鴻海が生産しまし、進出分野を拡大しています。世界中に支社がありますが、生産拠点は主に中国大陸です。

Honhai3

郭台銘氏は中華圏を代表する企業家の一人で、他の起業家より個性がとても強いという印象です。彼はよく勤勉を強調します。ただ、その分鴻海の社員は労働時間がとても長く、夜の11時以降も会社で働くことは珍しくありません。また、社内の節制にも積極的に努めていて、社内電力の調整はしっかり実行しています。一方で、社員の給料とボーナスは台湾で一番高く、郭台銘氏も毎年数千万元もの寄付金を社会のために使っています。 鴻海の成功の理由は「速さ」だといわれています。実施、生産にかかる期間がほかの会社の半分で、プロジェクトを決める時間も早く、すべてはビジネスを早く進めるためです。今でも郭台銘氏は自分の飛行機を買って、一年の半分を台湾外で過ごし、様々な交渉を進めています。 今回鴻海という会社の紹介は以上になり、次のテーマは今回SHARPを買収する理由あるいは影響を話しましょう。


最後までお読みいただきありがとうございます。
本ブログは、アジアクリックが運営しています。

お問合せ・アジア市場のご相談は

アジアクリック
TEL:0120-74-1990
email:info@asiaclick.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

アジアクリック
ページ上部へ戻る