ASIACLICK NEWS−ASEAN10カ国、台湾、香港の現地特派員が現地のマーケットの生情報をお伝えします。

【アジア11ヶ国】訪日前の情報源はズバリコレ!

出典:www.businesseventsthailand.com

今日はアジア主要11ヶ国・地域で海外旅行にしたい事、情報収集に使うウェブサイトなど旅行者が実際にしている事に少し一歩踏み込んで調べられた情報をお知らせしたいと思います。

今回の調査のアジア主要11カ国は、ASEANに中韓と台湾香港、インドを加えた以下の国です。

 

タイ

ベトナム

マレーシア

フィリピン

シンガポール

インドネシア

インド

中国

韓国

香港

台湾

 

1.まず日本旅行の人気度が高い国からはこちら。

日本がとっても大好き!な国と日本でやりたい事は。。。

中国 ― ショッピング、観光巡り、たべ歩き屋レストラン巡り

タイ ― 写真撮影(観光地や街歩き)、ショッピング、たべ歩き

香港 ― ショッピング、有名レストランで食事、観光地巡り

台湾 ― 写真撮影、駅弁や学食、コンビニ、スーパーマーケット巡り

ベトナム  ショッピング、世界遺産巡り

インド - 有名スポット巡り、ショッピング、5つ星ホテルに滞在

 

11カ国の中でも韓国が最も低い日本大好き度でしたがそれでも観光では人気の訪日。
全体的に日本が好きな結果となっています。

 

2.では日本の旅行前に何のウェブサイトを使って情報を収集しているのでしょうか。

 

■トリップアドバイザーを利用

シンガポール

インドネシア

マレーシア

フィリピン

タイ

ベトナム

 →口コミ対策、まずは自身についてなんと書かれているか確認しましょう。

■グーグル

シンガポール

中国

タイ

香港

台湾

トリップアドバイザー

ベトナム

タイ

マレーシア

フィリピン

シンガポール

インドネシア

→成果報酬型アドワーズ、また現地語でのSEOは定石です。

 

■フェイスブック

韓国

マレーシア

→この国以外も、Facebookは有効です。ただし、Facebook広告を使わないと知ってもらえないという仕組みです。

その他中国だけが利用は、シートリップ 窮遊網、微博
→Ctripにはツアー情報を、Weiboでは告知を行いましょう。

香港のみが利用は、discuss.com.hk backpackers.com.tw

インドのみが利用は、ウィキトラベル 

タイのみが利用は、カプック、パンティップ、口コミ
→特にパンティップはSEOにもなります。Facebookと合わせて使うと効果的です。

 

これらの情報を上手く利用して今後のインバウンドマーケティングに活用していただけると幸いです。

※出典:NNA の カンパサール 4月号よりアジアクリックが説明、解釈して構成。


最後までお読みいただきありがとうございます。
本ブログは、アジアクリックが運営しています。

お問合せ・アジア市場のご相談は

アジアクリック
TEL:0120-74-1990
email:info@asiaclick.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

アジアクリック
ページ上部へ戻る