ASIACLICK NEWS−ASEAN10カ国、台湾、香港の現地特派員が現地のマーケットの生情報をお伝えします。

【欧米訪日】訪日欧米人観光客を誘致する ポイントとは?!〜PART1〜

1

みなさん、こんにちは!アジアクリック・PR事例特派員の堀田です。

先日のNHKでの「経済フロントライン」放送で、欧米の人々の訪日に注目が集まっているという内容が取り上げられていました。その理由として、欧米からの観光客の一人当たりの旅行支出が訪日外国人観光客の中で最も高いことが挙げられていました!

▶︎参考:https://www.nhk.or.jp/keizai/archives/20170603_07.html

これからは、旅行支出の高い欧米からの観光客への集客合戦が行われることでしょう。そこで今回は、訪日欧米人観光客の集客ポイントとなる「欧米人が日本旅行に求めていること」をご紹介致します。

欧米人とアジアからの観光客は求めていることが違う?!

訪日欧米人観光客は、アジアからの観光客とは旅行中に日本でしたいことが異なると言われています。日本政府観光局(JNTO)が発表している買い物ランキングでも、東南アジアからの観光客がお菓子や化粧品を購入する傾向があるのに対して、欧米人は書籍・絵葉書や和服・民芸品を購入しているという違いが表れています。

では、訪日欧米人観光客は日本への旅行でどのようなことを求めているのでしょうか?今後需要が高まるであろう訪日ビジネスを、私の知り合いの欧米人の訪日経験をもとにご紹介したいと思います。

1)ありのままを体験

渋谷のスクランブル交差点や、昔ながらの住宅街にある商店街へ行き、地元の人のありのままの生活を見て、体験したいと考えています。このような体験ができる半日ツアーなどは、欧米人に需要があるでしょう。

 2)日本人の精神を体験

歴史を好むというより、日本人の精神や考え方を知りたいと思う欧米人が多いです。神社やお寺への訪問を希望する人が多く、また、日ごろの精神を高めることを目的とした「瞑想」に注目があつまっている為、お寺での座禅体験や瞑想合宿などが人気を集めています。

2 ※画像:http://www.townnews.co.jp/0110/i/2015/10/15/304014.html

3)歴史的文化体験

寿司や酒の本格的な日本らしい経験や、着物を着るなどの歴史的文化体験が人気を集めています。東京浅草では多くの欧米人が浴衣をレンタルし、歩いています。なんと浅草には浴衣レンタル店が60以上もあります。

4)カワイイ商品

日本のポップカルチャーが人気のため、カワイイ小物商品を求めて「100円ショップ」や「雑貨屋」を巡りたいと考えています。ツアーに組み込む、もしくはお店が英語のポップを飾るなど対策がもっと必要となってきます。

5)公園

ヨーロッパやアメリカでは、緑の多い公園で散歩をすることが日常的である国々が多いです。新宿御苑や奈良公園などはトリップアドバイザー「2016年最も外国人が訪れた場所」でトップ10にランクインしています。緑をテーマにした場所が人気を集めると言えます。

 

モノからコトへ!テーマ性のあるツアーが重要

アメリカ合衆国に本拠地を置く、OTA(オンライン・トラベル・エージェンシー)の「Expedia」で完売間近の日本ツアーを検索してみると、「体験」が組み込まれたツアーが表示されます。

3

※画像:goo.gl/udNEFn

日本のテレビでも紹介されている「忍者体験」のような、日本の文化を体験できる『コト』を訪日欧米人観光客は求めています。また、『テーマ性』も非常に重要です。ツアーに組み込まれている場所になぜ訪れるのか、日本人はどのような時にそこへ行くのかなどを伝わりやすくする効果があります。特に歴史的文化体験の場合、場所を訪れる目的から日本人の日常生活が伝わる為、訪日欧米人観光客のニーズにマッチすると言えますよね。

このように日本人から見た日本をPRするのではなく、外国人観光客から見た日本の興味深いものを国ごとにPRする必要があります。そのためには、現地の人のリアルな声を聞くことが大切です!アジアクリックではWebアンケート調査、グループインタビューなどの市場調査、イベントやSNSでのPRを複数国同時にワンストップで実施可能です。またアジアのみならず、欧米人特派員も駐在しており、皆様のビジネスのアドバイスをさせていただきます。まずはお気軽にお尋ねくださいませ(info@asiaclick.jp)!

 

(アジアクリック・PR事例特派員/堀田)

 

▼参考

http://www.mlit.go.jp/common/001179487.pdf


最後までお読みいただきありがとうございます。
本ブログは、アジアクリックが運営しています。

お問合せ・アジア市場のご相談は

アジアクリック
TEL:0120-74-1990
email:info@asiaclick.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

アジアクリック
ページ上部へ戻る