ASIACLICK NEWS−ASEAN10カ国、台湾、香港の現地特派員が現地のマーケットの生情報をお伝えします。

【欧米訪日】訪日欧米人観光客を誘致する ポイントとは?!〜PART2〜

4

みなさん、こんにちは!アジアクリック・PR事例特派員の堀田です。

欧米を旅行すると良く見かける観光案内があるのですが、皆さんはご存知でしょうか?『○○時に○○へ集合 ○○WALKING TOUR』というもので、その場で知らない人と出会い、一緒に観光するという内容です。

そこで今回は、「WALKING TOUR」からわかる欧米人観光客の誘客ポイントをご紹介いたします!

WALKING TOURと欧米人の旅の傾向

冒頭でもご紹介した通り、「WALKING TOUR」とは初めまして同士の人々が集まり、一緒に観光するツアーです。主催者は国の観光省や都市の観光課、ボランティアやお仕事として行っている人など様々です。そのため、「WALKING TOUR」も有料のツアーと無料のツアーの2種類あります。

5

 ※画像:日本政府観光局(JNTO)

上の画像から分かるように、訪日アメリカ人観光客の半数以上がひとりで旅行をしています。このように欧米の人々は一人で旅行をする人が多く、新たな繋がりを広げながら旅行をしたいと考える傾向があります。そのため、スケジュールを詰めることが少なく、現地の人に観光地を聞いて旅をしようとします。この旅行スタイルにあったツアーが、「WALKING TOUR」ということができますよね。

 

「LONDON WALKS」から分かる欧米人の旅行に求めること

では、イギリス・ロンドンの「LONDON WALKS」というサイトを例に挙げて、欧米人が旅行に求めることご紹介いたします。

6

 ※画像:LONDON WALKS公式ホームページ(http://www.walks.com/

 

事前の予約は不要で、当日10ポンド支払えば参加可能です。その日になって参加するか否かを検討できる点は、予定を詰めていない観光客にとっては良い参加方法です。また、プログラムも豊富で、午前・午後・夕方の3つの時間帯で実施されています。毎日実施されているため、今日ではなく明日なら…という場合でも、参加可能であることも魅力の1つだと言えます。さらにブログも更新しており、どのツアーに参加するとどのようなところを観光できるのか写真付きで紹介しているため、申し込み時に安心して選ぶこともできます。

すなわち、訪日欧米人観光客を誘致するためのポイントは①新たな出会い②気軽に参加可能③一人旅だからこそ参加したくなるツアーの3つです!日本人が日本の旅行会社で一人の旅行を申し込もうとすると、追加料金が取られてしまうこともあり、一人旅がしづらいように思えます。外国人観光客が日本に来てからオプショナルツアーを申し込みたいと思っても、そのような現状から申し込みをやめてしまう可能性が考えられますよね。また、日本のツアーは「事前申し込み」が必須であることが多いため、当日気軽に参加できず自身で行くしかないという結果になっている外国人観光客もいるでしょう。

このような一人旅の人が気軽に参加できるツアーで新たに出会った人とツアーに申し込む、という可能性を逃してしまっているとも言えますよね。交通手段と宿泊施設を自由に選択できる「DP(ダイナミックパッケージ)」が欧米発祥であることからも、多くの欧米人がオリジナルの旅行を求めていることがよくわかります。ターゲット国の旅行傾向やトレンドを抑え、現地の旅行会社とツアーを作成することは非常に効果が高く、弊社でも実績を残しております。

アジアクリックではアジアのみならず、欧米からの訪日観光客集客のお手伝いもさせていただいております。Webアンケートの実施やグループインタビューなどの市場調査、代理営業、現地語でのSNS運用、現地旅行会社とのツアー造成、PRイベントの実施といった海外進出のサポートをワンストップで実施可能です。ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ(info@asiaclick.jp)!

 

(アジアクリック・PR事例特派員/堀田)

 

▼参考

http://www.mlit.go.jp/common/001179486.pdf


最後までお読みいただきありがとうございます。
本ブログは、アジアクリックが運営しています。

お問合せ・アジア市場のご相談は

アジアクリック
TEL:0120-74-1990
email:info@asiaclick.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

アジアクリック
ページ上部へ戻る