ASIACLICK NEWS−ASEAN10カ国、台湾、香港の現地特派員が現地のマーケットの生情報をお伝えします。

【香港】『BOOK FAIR』からわかる、香港人が魅力的に感じる商品の2つのポイントとは?

5

你好(ネイホウ)!アジアクリック・香港特派員の詩織です。

香港では、毎年夏に様々な展示会が開催されています。その内の1つに私が今年参加した『HONG KONG BOOK FAIR』というものがあり、37以上の国と地域、そして670社もの企業が出展しているため、豊富な種類の本を購入することができます。そこで今回は、『HONG KONG BOOK FAIR』で出品されているものからわかる、香港人が魅力的に感じる本のテーマと体験についてご紹介致します!

<『HONG KONG BOOK FAIR』とは?>

6

 

この『HONG KONG BOOK FAIR』は1990年に初めて開催され、香港貿易発展局が主催をし、読書文化を促進することを目的とした毎年恒例のイベントとなっています。「BOOK FAIR」とタイトルについていますが、本だけではなく文房具なども購入することができます。更に子供向けの公演が実施されるなど、小さな子供から大人まで皆が読書に興味を持つような展示会なのです。

今年は7月19日から25日までの7日間、香港コンベンション&エキシビジョンセンターにて開催されました。香港でもこの時期は夏休みであるため、多くの人が訪れます。『HONG KONG BOOK FAIR』は毎年テーマを設定しており、今年のテーマは「旅行」でした。ここでの旅行とは、読書を通じて視野を広げる=自分の世界を広げるということを表しています。数多くのガイドブックが販売されていたり、世界や旅行をテーマとしたトークショーが開催されていました。

 

<香港の人々を魅了する商品のポイント>

では今年の『HONG KONG BOOK FAIR』で、どのような商品やビースが人気だったのかをご紹介いたします!

1)国際文化村でのVR体験

7

 

「国際文化村」というエリアがあり、ここへ行くと様々な国のことを一度に知ることができます。その中に日本館があり、日本の自治体(四国や九州、北海道、東北など)や大手会社が出展していました。YURUTABI体験館というブースでは、日本各地のVR体験が用意されており、目で旅行をすることが可能です。近年香港ではVR体験の認知度が高まっています。そのためこのVR体験には、多くの人々が興味を示していました。

 

2)日常生活の中で真似ができる本

8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※画像:http://www.cp1897.com.hk/product_info.php?BookId=9789621464002

本に関して、「日常生活の中で真似ができる本」が人気でした。特に人気だった本は、料理本と写真撮影の技法に関するものです。最近香港のテレビでは料理番組が流行っており、それがきっかけで料理の上手な芸能人の料理レシピ本が人気を集めていました。以前料理本を購入する人の60%~70%が女性でしたが、現在はレシピ本を買う男性が増えているのです!更に、芸能人や有名人の趣味にいかすことのできる本も人気でした。例えば、上手に写真を撮ることができる方法を紹介している本は、特に女性にとても人気がありました。私の友達もBOOK FAIRで、そのような本を探していました。

 

以上のように「モノ」ではなく実際に体験できる、もしくは日常生活の中に取り入れることのできる「コト」が人気を集めるキーワードなのです!訪日インバウンドでも、商品の販売においても体験できるコンテンツがPR及び商品企画で重要視する必要があります。アジアクリックでは企業様の東南アジア進出、自治体様のインバウンドへの取り組みを現地からサポートしております。ぜひ、お気軽にお問い合わせくださいませ(info@asiaclick.jp)!

 

(アジアクリック・香港特派員/詩織)

▼参考

http://hkbookfair.hktdc.com/tc/About-Book-Fair/Fair-Details.html

http://www.epochtimes.com/b5/17/6/27/n9323711.htm


最後までお読みいただきありがとうございます。
本ブログは、アジアクリックが運営しています。

お問合せ・アジア市場のご相談は

アジアクリック
TEL:0120-74-1990
email:info@asiaclick.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

アジアクリック
ページ上部へ戻る