ASIACLICK NEWS−ASEAN10カ国、台湾、香港の現地特派員が現地のマーケットの生情報をお伝えします。

香港女性に人気な日本発祥の食べ物とは?

ごきげんよう、香港特配員のしおりです。

今回も、香港でいま流行っているものについて引き続き紹介しようと思います。

実は他の特派員も紹介していたアレです!

香港人を続々と虜にする日本の食材とは

まず、少し自分の話をみんなさんにしたいと思います。
数年前からわたしはあるものを好きになって、いまでは、もう完全に○○マニアになりました。

では、そのものはいったいなんでしょうか?
わたしにはそのおいしさや濃厚さや苦さがほんとうに最高だと思います。
毎回、そのものを味わうと、心から幸せ感じたり、体もよくなったりします。

飲み物にしても、食べ物にしても、そのものは日本人にはもちろんとても有名なので、現在、ほかの国々も大人気みたいです。数年前なら、香港でこのものを探すのは少し難しかった。

しかし、いま香港で大人気なので、このものを使用した商品はどんどん増えました。
おかけでコンビニでもいろいろなレストランでも、探しやすくなりました。

それは、、、抹茶です。

抹茶を専門に扱うカフェが続々オープン!一番人気の店はどんな店?

およそ2年前くらいに、香港に京都でも有名な抹茶屋さん「抹茶館」が開店しました。
最初の店は九龍に鑽石山(さんせきざん)というところに開店して、いまでは支店が2つができました。

そのとき、わたしはこの店に通って、びっくりさせられました。

香港で抹茶の専門店にいろんな抹茶を味わうこと。
これがずっと私の夢だったんです。

もちろん、抹茶館はいまも香港人に大人気なので、
店の前はいつも人が大勢並んでます。

 

最近の話をすれば、いま一番人気があるのは...
香港島に位置する上環の「川善茶居Sinmei Tea」という店があります。

週末だけではなく、平日でも店はいつも満員で、店の前にきっと人々が並んでいます。
この間、わたしも友達とこの店の抹茶料理をたべてみました。

「川善茶居Sinmei Tea」左上のは抹茶ロールケーキ、右上のは抹茶と玄米ラテ、
左下のは抹茶チョコレートフォンダン、右下のは抹茶ブラウニー

すべてもおいしくて、とても濃厚なので、
みんなさんがもし香港に行くなら、ここがおすすめな店だと思います。

ちなみに、こちらで、このお店「川善茶居Sinmei Tea」の口コミが見られます。
はじめに挙げた「抹茶館 MACCHA HOUSE」の口コミはこちら。(どちらも英語です)

まだまだある人気店。口コミで広がる人気

香港には、ほかにも人気のある抹茶屋さんはまだまだたくさんあるので、みんなさんに紹介します。

それは「Via Tokyo」という店です。
ここはレストランではなく、小さいデザートカフェなんです。
しかし、この店がオープンした後、周りの人々が是非行ってみてと言いました。。
このカフェのメニューで人気なのはやはりあずきと白玉付き抹茶アイスクリームです。

ちなみに、この店は香港島に位置する銅鑼灣にあります。

フードコートの日本デザートコーナーでも抹茶!

最後にもう一つを紹介します。
これは店ではなく、香港である有名なスーパーの日本デザートのカウンターなんです。

このカウンターの名前は「Sweet House Cha Cha」で、人気の商品はもちろん抹茶ソフトクリームです。

いろんな種類のソフトがあるので、たとえば、ソフトクリームの味は抹茶や抹茶と牛乳や牛乳で三つがあります。
ソフトクリームの上に、あずきや白玉や蕨もちを付けます。

抹茶ソフトクリームだけではなく、
香港のチムサーチョイでこのカウンターもありまして、そこで抹茶の大判焼きと抹茶シュークリームも売っています。

わたしがどちらもたべたことがあるのですが、どちらもとてもおいしかったです。

一番はじめのお店の場合、メニューの品の値段はたいだい40~100香港ドル(日本円で約520~1300円)ぐらい。

 

こうしたお店は特に若い女性に人気ですが、女性だけというわけでもありません。
男性やお年を召した方もいらしたりしますよ。

(アジアクリック・香港担当/しおり)

*関連記事*
「日本土産の定番!「日本らしさ」と味でタイ人に人気のお菓子って?」byワース
「台湾のソフトクリームブーム続報―日本のコンビニの躍進続く!」byチャニン


最後までお読みいただきありがとうございます。
本ブログは、アジアクリックが運営しています。

お問合せ・アジア市場のご相談は

アジアクリック
TEL:0120-74-1990
email:info@asiaclick.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

アジアクリック
ページ上部へ戻る