ASIACLICK NEWS−ASEAN10カ国、台湾、香港の現地特派員が現地のマーケットの生情報をお伝えします。

【香港】現地ローカルメディアでPR!!これから人気が高まる日本の地方都市とは?!

19758398_10154789689656446_708336290_n

你好(ネイホウ)!香港特派員の詩織です。

6月15日〜18日の4日間、香港コンベンション・アンド・エキシビション・センターにて『第31回香港国際旅行展示会(ITE Hong Kong 2017)』が開催されました。一般公開日2日間の入場記録は、なんと89,750人!海外個人旅行(FIT)を好む来場者が多数訪れました。今回の展示会に出展した日系企業と自治体のブースは、 過去最多でした。そこで今回は、香港でこれから人気になりそうな日本の都道府県とその理由をご紹介させていただきます!

<日本の地方のPRが増加>

19807427_10154789689596446_2107904997_o

 

 

 

 

 

展示会では日本大手の旅行会社をはじめ、不動の人気を誇る観光地の首都圏と近畿地方はもちろん出展していました。しかし今回は以前とは異なり、「日本地方観光のブース」も増えていました。例えば山陰地方、山陽地方、栃木県、新潟県、岩手県、北陸地方、四国地方などです。

LCCの普及により、日本地方行きの航空便はますます増えています。現在香港エクスプレス(HKEXPRESS)は香港と高松、広島、名古屋、鹿児島、石垣間を運航しており、香港航空(HONGKONG AIRLINE)は宮崎、岡山、米子間を運航しています。これらが利用できることで、個人旅行する香港人は日本地方へ行きやすくなり、日本の魅力をさらに感じることができます。

 

<香港テレビでの地方紹介>

Untitled

 

 

 

 

 

(Youtube: https://www.youtube.com/watch?v=szYVX3pNfXo

最近、香港テレビでは日本観光の紹介番組を多く放送しています。特に、中部地方と北陸地方観光の旅行番組は人気があります。この番組の影響を受け、多くの香港人は中部地方の名古屋県経由で岐阜県の白川郷や高山、北陸地方の富山県を訪れているのです!

今回は日本観光の旅行番組の一つ、『進擊昇龍道』という番組をご紹介致します。2015年12月に五回に分けて放送され、香港芸能人金剛さんと張秀文さん二人が司会を務めました。彼らは、伊勢志摩から能登半島を含む、中部北陸地域を南から北上する人気の広域観光周遊ルート「昇龍道」を紹介しました。特に中部の岐阜県や北陸の石川県、福井県と富山県の観光地と美味しい料理に焦点を当てていました。香港の大手旅行会社はこの「昇龍道」を利用したツアーを販売しており、このようなテレビ番組が放送されることでより人気になると考えられますよね!

アジアクリックでは、こうした香港人の人々の最新傾向を把握し、人気になるようにFacebook運用代行を中心とした訪日PR、現地調査、現地営業代行を実施しております。また現地ローカルメディアでのPRやイベントの開催も可能です。日本の皆様がアジアを知り、アジアと繋がり、アジアでうまく行くお手伝いをさせていただきます。

アジア市場のビジネスはお気軽にご相談下さい。(info@asiaclick.jp)!

(アジアクリック・香港特派員/詩織)

 

▼参考

http://www.itehk.com/ITEHK/index.php?menuID=main&module=content&topLevel=1010&subLevel=30&lang=tw

http://www.itehk.com/ITEHK/index.php?menuID=main&module=content&topLevel=1010&subLevel=60&lang=tw

http://www.hongkongairlines.com/new-routes/en/japan.html

http://www.hkexpress.com/en-hk/see/destination-guides

http://programme.tvb.com/foodandtravel/northernjapanholiday/episode/


最後までお読みいただきありがとうございます。
本ブログは、アジアクリックが運営しています。

お問合せ・アジア市場のご相談は

アジアクリック
TEL:0120-74-1990
email:info@asiaclick.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

アジアクリック
ページ上部へ戻る