ASIACLICK NEWS−ASEAN10カ国、台湾、香港の現地特派員が現地のマーケットの生情報をお伝えします。

香港人向けウェブサイト制作のポイントは”繁体字”そして…?

こんにちは、香港特派員のしおりです。

今回は香港人向けウェブサイト制作についてお届けします!

香港人が普段使うのは繁体字なのですが、最近のウェブサイトではちょっと事情が変わってきています。

 

香港人向けならやっぱり言語は広東語(繁体字)と英語!ただし…

広東語と北京語といえば、漢字の使い方はほぼ一緒ですけれど、香港では繁体漢字を使っていて、中国では簡体漢字を使っています。漢字の書き方も読み方も全然違います。

なので、もし香港人向けホームページを作るとしたら、ホームページの言語はやはり広東語だと思います。

広東語は基本なのですけど、英語もよく使われています。
なぜなら、英語は国際的に通用する言語ですから。

たとえば、ショッピングモールとか銀行とかレストランとか、それらのホームページは広東語と英語を両方使っています。

広東語も英語も基本的な言語ですけど、最近多くの中国人は香港に来ているので、どこでも簡体漢字を使い始めます。ですから、現在の香港ホームページもどんどん簡体漢字が使われてます。

 

文章と写真の割合は用途に合わせて

ホームページの用途によって、文章の割合が多い場合もありますし、写真の割合が多い場合もあります。

たとえば、ニュースや雑誌のホームページなら、文章の割合が多かったとしても、それは構いません。

一方で、日本の“食べログ”的なレビューサイトや観光用のホームページだとしたら、写真の割合は多いほうがいいだと思います。なぜなら、文章の割合が多くなったら、読むのが難しくなって、退屈になるかもしれません。

もしホームページでほとんど文章があったら、人々に惹きつけないと思います。
なので、香港人向けホームページでは、文章と写真の割合は半分とすればいいと思います。

香港でも有名な“食べログ”的なサイトがあって、その中でいろいろなレストランのランキングがあります。
こちら

昨年、香港はインターネット速度が世界一と報じられました

1位を韓国と争ってはいますが、速いことは確かです。
ですから日本と同じように、写真や動画などの比較的重いデータでもウェブサイトに(気兼ねなく?)載せられます。

また回線が速いことで、FacebookのようなSNSをアプリからだけでなく、ブラウザから閲覧することも当たり前となっています。

 

(アジアクリック・香港担当/しおり)


最後までお読みいただきありがとうございます。
本ブログは、アジアクリックが運営しています。

お問合せ・アジア市場のご相談は

アジアクリック
TEL:0120-74-1990
email:info@asiaclick.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

アジアクリック
ページ上部へ戻る