ASIACLICK NEWS−ASEAN10カ国、台湾、香港の現地特派員が現地のマーケットの生情報をお伝えします。

【インドネシア】インドネシアで『抹茶』が人気を集める理由とは?〜PART1〜

1

セラマソレッ!アジアクリック・インドネシア特派員のルキです。

インドネシアでは、日本のデザートとして「ソフトクリーム」がとても人気です。また、抹茶やあんみつ、そして餅なども日本のデザートとして広く知られています。

今回は人気となっている『抹茶』に焦点を当て、インドネシアで大人気の「SHIROKUMA CAFE」をご紹介致します!現地の人だからこそ分かる、ヒット商品を生み出した理由とは?!

■「SHIROKUMA CAFE」とは?

2014年6月末にジャカルタにオープンした、和スイーツを提供する「SHIROKUMA CAFE」。このお店の抹茶は日本から取り寄せられていて、実はオーナーはインドネシア人女性(ミッチェル・ウィジャヤ)なのです。オーナーが日本を訪れた際、和菓子に感動し、このカフェをオープンしたそうです。

Pantai Indah Kapukという、スカルノハッタ空港近くに1店舗目ができ、大人気になったことで2号店がジャカルタ中心地の一流モールGrand Indonesiaに出店されました。

 

■新たなニーズを生んだ「抹茶」

2

 

 

 

 

 

メニューは抹茶や白玉を使ったものが、メインとなっています。一番人気は「SHIRATAMA PARFAIT」です。注目したいのは『甘さ』。インドネシアでは砂糖をたっぷり使った、とても甘いお菓子が主流です。しかし抹茶を使用したこのスイーツは、甘さが控えめなのです。この甘さを控えたスイーツというのが、ヘルシーで美味しいと人気に火をつけたのです!

 

公式ホームページでも、抹茶について「最近では、科学的な研究によっても、抹茶が抗老化作用や抗がん作用を持っていることが分かってきました。また、茶には豊富なカテキンが含まれており、脂肪の吸収をおさえる効果や抗菌作用もあります。(公式ホームページより引用)」と述べられています。

 

■あの有名店でも新商品に!

3

 

 

 

 

 

 

 

 

画像から分かるように、「STARBUCKS INDONESIA」が桜と『抹茶』をテーマにした新商品を販売しました。現在、インドネシアの若者の間でスタバの新メニューを注文し、フェイスブックやインスタグラムで写真を投稿することが流行っています。これによって、ますます『抹茶』の人気が高まることが予想できますね。

現地の食文化をよく知っていたからこそ、ヒット商品を生み出すことができた「SHIROKUMA CAFE」。他国企業が進出する際は、徹底的に市場調査を行い、現地の人の目線でローカライズしなければヒットはしません。PART2では、商品企画やSNSでのPRをご紹介いたします。

アジアクリックでは、市場調査から商品企画・販売までワンストップでお手伝い致します。アセアン各国に現地特派員が駐在しており、定期的にアドバイスをさせて頂いております。ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ!

 

(アジアクリック・インドネシア特派員/ルキ)

※参考:http://www.jakartashimbun.com/free/detail/20266.html


最後までお読みいただきありがとうございます。
本ブログは、アジアクリックが運営しています。

お問合せ・アジア市場のご相談は

アジアクリック
TEL:0120-74-1990
email:info@asiaclick.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

アジアクリック
ページ上部へ戻る