ASIACLICK NEWS−ASEAN10カ国、台湾、香港の現地特派員が現地のマーケットの生情報をお伝えします。

インドネシアインフラ対策―ごみ処理問題―

Picture4

スラマットシアン! ジャカルタからアジアクリック特派員ルキです。

インドネシアのごみ処理問題、みなさん状況ご存知でしょうか。

ここ数年で人々の生活は向上してきました。

それに伴い、ごみの量も増えているのが実情です。

しかし、ごみ処理、ごみに関しての知識というのが大変乏しく、先進国の技術が必要だと言われています。

ごみ処理と衛生面に関する対策がなされていないのが現状です。

インドネシアではビンも缶も服も全て同じところに捨てます。

 

Picture5

 

 

 

 

 

 

 

 

※ジャカルタ市内中間層向けマンションの住民のゴミ捨て場

分別なく全て一緒にこの中へ捨てている状況です。

 

また、ゴミ捨て場も指定されているところ、されていないところがあり非常に衛生的にも環境的にも問題があります。

インドネシア人に日本からの技術でインフラ整備をするならば?との問いに日本はどこへいってもとてもきれいで清潔、ゴミ処理問題をぜひとの声が多かったです。

Picture6

 

 

 

 

 

 

Picture7

 

 

 

 

 

 

※ジャカルタ中心部ごみ収集の作業員と作業車の様子。

週に1回ほどこのような光景を見かけます。

 

しかし、ゴミを拾い生活している人々もいるのが事実です。

こちらのカートを用いて、ごみ拾いをし、ごみを売り生計を立てている方もいます。

こちらの写真のように、最近ではゴミを拾う作業者を道端で見かけることも多くなってきましたが、

それほど状況が改善されてきているとはいえません。

 

Picture8

 

 

 

 

 

 

もし、日本のゴミの種類別分別とその後のリサイクル技術なども導入されると雇用が増え、

環境にもやさしいインドネシアになるかもしれません。

どのようにゴミ処理やリサイクルが実現可能か、ぜひ一度考えていただきたいものです。

(アジアクリック・ジャカルタ担当/ルキ)


最後までお読みいただきありがとうございます。
本ブログは、アジアクリックが運営しています。

お問合せ・アジア市場のご相談は

アジアクリック
TEL:0120-74-1990
email:info@asiaclick.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

アジアクリック
ページ上部へ戻る