ASIACLICK NEWS−ASEAN10カ国、台湾、香港の現地特派員が現地のマーケットの生情報をお伝えします。

【インドネシア】日系オンラインストアSukamartが閉鎖、amazonの印尼進出が原因?!

Picture1

こんにちは、インドネシア特派員ルキです。

2013年度より住友商事インドネシア社が展開していたオンラインストアSukamartが、2016年6月で閉鎖することが発表されました。

一般消費者向けのEコマースビジネスから撤退し、これまでのB to C ではなく、これからは B to Bへと切り替えるとのことです。これまでは日用品販売(スーパーに売っている生鮮食品以外のすべての品)が主なビジネスでしたが、これからは日本のモノタロウ社(https://www.monotaro.com/)とビジネス提携を行い、工業系の品物や道具へと切り替えるとのことでした。

突然の閉鎖のアナウンス

Picture2

 

 

 

 

現在インドネシアでのオンラインストアなどは大変人気が高く、新しいEコマースビジネスはどんどん生まれていますが、同時に撤退するビジネスも多くあります。

既に人気とソフトバンクなどが出資し資本力のある大手ECサイトTOKOPEDIAなどには勝つのは難しく、また、正式な日程などは告知されていませんが最大手のamazonがインドネシアへ進出するとの情報もあります。

Picture3

(http://tekno.kompas.com/read/2016/06/20/08180007/Amazon.Siap.Ekspansi.ke.Indonesia)

そこで、これからもEコマースビジネスが期待できると言われているインドネシアですが、これからインドネシアではEコマースビジネスの対象層の変更や、ビジネス方向の見直しが求められる可能性が高くなってきています。
アジアもECサイト発展途上ですが、既に失敗例も多くあり市場性だけでなく競合他社の戦略をしっかりと調査した上で戦略を練りたいものです。

(アジアクリック・ジャカルタ特派員/ルキ)


最後までお読みいただきありがとうございます。
本ブログは、アジアクリックが運営しています。

お問合せ・アジア市場のご相談は

アジアクリック
TEL:0120-74-1990
email:info@asiaclick.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

アジアクリック
ページ上部へ戻る