ASIACLICK NEWS−ASEAN10カ国、台湾、香港の現地特派員が現地のマーケットの生情報をお伝えします。

2016年のインドネシアゴールデンウィークから学ぶ、次のインドネシア人観光客の訪日時期

5

スラマットシアン! ジャカルタからアジアクリック特派員のルキです。
今年2016年はインドネシアにもゴールデンウィークがありました。


それは5月5日(木)キリスト昇天祭、6日(金)ムハッマド昇天祭の祝日だったからです。
土日を入れて4連休となりました。
※インドネシアでは宗教的なイベントは旧暦を使うため、毎年変動あり。
今回、この5月の連休には日本へ行く、もしくは遠く旅行へ行く人が多くいました。
そもそもそれはなぜか。
インドネシアって長期な休みが基本は年に1回しかありません。
それは今年は7月1週目にあるレバラン休暇(イスラム教断食明け休み)が一般的です。
その日は、イスラム教は故郷へ帰り、大家族と過ごすという風習があります。
そのため、インドネシアに留まるのが一般的です。
逆にいえば、その間、中間層~富裕層の華僑系インドネシア人は海外に出るとも聞きます。
今回は、そんな背景があるため、この5月の連休を生かして、有給休暇で繋げ、日本や遠くの海外へ旅行したインドネシア人が多いとのことでした。
そこで、来年の祝日もインドネシアでは発表されたばかりですが、下記ご確認ください。
インドネシアの来年の連休は下記の通りです。
3連休
• 4月14日(金)Holy Friday、25日(土)、26日(日)
• 4月29日(土)、4月30日(日)、5月1日(月)メーデー
• 9月1日(金)犠牲祭、2日(土)、3日(日)
• 12月1日(金)モハメッド降誕祭、2日(土)、3日(日)
レバラン休暇(華僑系は海外旅行など検討あり)
• 6月23日(金)~28日(水)
クリスマス休暇(世界的にハイシーズンのため、海外旅行を考える人が少ない可能性あり)
• 12月23日(土)~26日(火)4連休

インドネシア祝日発表につきましては下記ご参考ください。

https://news.detik.com/berita/3187950/tahun-2017-ada-19-hari-libur-dan-cuti-bersama-ini-daftarnya

インドネシア人の訪日の可能性として、ツアーを組むには上記連休の時期前後を含めた日程の可能性は非常に高くなりそうです。

(アジアクリック・インドネシア担当/ルキ)

当社では、Facebook運用代行を中心とした訪日・現地PR、現地調査、現地営業代行で日本の皆様がアジアを知り、アジアと繋がり、アジアでうまく行くお手伝いをさせていただきます。 アジア市場のビジネスはお気軽にご相談下さい。info@asiaclick.jp


最後までお読みいただきありがとうございます。
本ブログは、アジアクリックが運営しています。

お問合せ・アジア市場のご相談は

アジアクリック
TEL:0120-74-1990
email:info@asiaclick.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

アジアクリック
ページ上部へ戻る