ASIACLICK NEWS−ASEAN10カ国、台湾、香港の現地特派員が現地のマーケットの生情報をお伝えします。

【インドネシア】海外でのビジネス展開には「GLOCAL(グローカル)」が必要 〜UNIQLOとバーガーキングの現地化の事例

Picture1

こんにちは、ジャカルタ特派員ルキです。

先日ユニクロではイスラム教徒をビジネスターゲットにした、ヒジャブ(下記のような顔を覆う布)の販売を開始しました。イスラム教徒80%を占めるインドネシアのユニクロ店でも大々的な広告が行われています。

Picture2 Picture3

 

 

 

 

 

 

(6月中旬インドネシア・ユニクロにて)

このようなビジネス方法を、近年では「GLOCAL(グローカル)」などと呼ばれたりもしています。意味は「Global+Local」で例えば、本国でビジネス展開をしていて、海外へ拠点を移す際にその国に適合する方法を模索し、商品化することです。

こちらの一般的な例では、インドネシアでは、ファストフード店には、本来ないはずの「ごはん(ライス)」セットが目立ちます。

Picture4

 

 

 

 

Picture5

 

 

 

 

 

 

このように、バーガーキングでは、本来バーガーがメインですが、インドネシア人がよく食べるチキンとお米をセットにして販売しています。

KFCとの違いがもはや分からなくもなってきていますが、ビジネスは順調です。
強みがバーガーにあるのか、チキンにあるのかの違いは2社とも消費者市場にきちんとPRしています。

このように海外展開を検討される際は、ブランドを保ちつつ、現地の生活に合わせた「GLOCAL」を視野に入れたビジネス展開が必要になります。
(アジアクリック・ ジャカルタ特派員/ルキ)


最後までお読みいただきありがとうございます。
本ブログは、アジアクリックが運営しています。

お問合せ・アジア市場のご相談は

アジアクリック
TEL:0120-74-1990
email:info@asiaclick.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

アジアクリック
ページ上部へ戻る