ASIACLICK NEWS−ASEAN10カ国、台湾、香港の現地特派員が現地のマーケットの生情報をお伝えします。

ラオスの食事情:一番のおすすめ・Lahpって?

16

こんにちは、ラオス特派員のChinです。

今回はラオスで最も親しまれ、

皆様にも是非おススメしたいLahpのご紹介を軸としてラオスの食事情についてお話しさせていただきます。

ラオス人は元々スパイシーなものと、新鮮なものが大好きで、具体的な料理名でいえば、

Lahp、kaeng Nor Mai、Orh Larmといったものです。

日本の皆様には不思議に思われるかもしれませんが、

ラオス人は自然の恵みによって食文化が成り立っていると考えているので、

魚も鳥も丸ごと食べ、逆に身だけだと自然の摂理に逆らっているようで嫌な感じさえします。

 

今回は、中でもラオス人に最も親しまれ、更にラオスにいる外国人の方々も召し上がっているLahpをご紹介いたします。

Lahpはサラダの一種で、魚か、肉(これは豚でも羊でも牛でもアヒルでもなんでもOKです。

中には、バッファローの肉なんていうこともあり得ます!)に、

ライムやニンニク、ミント、オニオン、チリソースといった様々な調味料を混ぜて作られたドレッシングで味付けをしたものです。

他にもキノコや食べ応えのある大きな野菜がたっぷり使われているので、サラダはサラダなのですが、

直接ご飯のおかずとしても食べられています。

 

このLahpはレストラン、地域によって味が異なっています。

ヴェトナムに近いとヴェトナム料理に似た味付けが、

近年増加する中国人が多い地域では中華系の味付けが成され、タイ料理風にアレンジされたものもあるので、

ぜひ食べ比べてみてください!

 

最近ではようやくここラオスでも都市の高級住宅街・ホテルを中心にスシをはじめとした日本食が登場し始め、

世界的にも定評がある和食対する興味がラオス人の中でも高まっていますが、

前述させていただいたように、元々スパイシーなものが大好きなラオス人には少し物足りなくなるかもしれません…。

なので、スシと、Lahpを組み合わせたらラオス人にも親しみやすくなるのではないかと個人的には思うのですが、いかがでしょうか?

(アジアクリック.ラオス担当/Chin)


最後までお読みいただきありがとうございます。
本ブログは、アジアクリックが運営しています。

お問合せ・アジア市場のご相談は

アジアクリック
TEL:0120-74-1990
email:info@asiaclick.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

アジアクリック
ページ上部へ戻る