ASIACLICK NEWS−ASEAN10カ国、台湾、香港の現地特派員が現地のマーケットの生情報をお伝えします。

人気の秘密は温かさ?ラオス人に人気のFacebookファンページベスト3

8

こんにちは、ラオス特派員のChinです。

世界中で使用されているFacebookですが、ここラオスでも急激にその登録者及び使用者が増えています。

コミュニケーションツールとしては勿論ですが、マーケティングやブランディングといったビジネスツールとしても徐々に使用されることが多くなりました。そのため、ラオス市場にアクセスする為にもFacebookのファンページ分析を通して、どのようなものがラオス人に支持されるかをご覧になることが出来ます。

 

1. Una studio(ラオス版ミヤネ屋!?ニュース解説ページ)
Una studioはラオスの南部に住む小民族の男性、Phutai氏が制作したページです。

彼は最初に趣味で「Phutai News」を始めましたが、今ではラオスで最も人気のページになりました。人気の秘密は、時には面白可笑しく、時には歌ったり、話し方を変える等、ニュースに応じてスタイルを変えて動画で紹介する点です。

彼の動画は、楽しみながら、時事問題を知ることが出来ます。

彼はラオスに留まらず、タイの北東部でも人気で、彼はタイの商品を宣伝したり、タイアップを付ける等してなにかと話題です。彼のYouTubeページやFacebookページは40万人を突破して、まだまだ人気が衰えることはありません。

 

2. Mobile Marketing (ຕະຫລາດມືຖື) (ECサイトはFACEBOOKから!?ラオス版楽天)

Mobile Marketingは携帯電話販売のページとして始まりました。今では洋服・化粧品・靴などFacebookを使用している若者向けの商品も扱われ、ページごとに商品が分けられています。

最近ではラオスの若者もオンラインでショッピングするという体験に慣れ、ただ購入するだけではなく、売る側に回ることでこの様なFacebookページを利用します。

もし何かを売る場合は、販売するものの写真・価格・販売者の携帯電話番号が必要ですが、これらの情報を投稿するだけなのでとても簡単です。

これは私の友人の例ですが、私の友人はラオスより品数が豊富なベトナムで服を買い付けし、毎日こちらのファンページに投稿しています。毎日投稿をしているというのがポイントで、ひっきりなしに彼女に連絡が来ます。注文があればあるだけ利益が出るので、その分送料を無料にしているという宣伝に効果があり、彼女は大きな利益を得ています。

 

9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3. Tholakhong(Yahooニュース+地方新聞?最新版ニュースページ)
Tholakhongは時事ニュースや最新の流行を伝えているページです。

マスメディアの追いつかない報道もオンラインならオンタイムでシェアされる、ということを初めてラオス人がこのページを通じて経験したことからとても人気があります。同時に、オンタイムのニュースについてコメントを残すことで他のユーザーがどのように考えているかを知ることもできるのも魅力です。

時事ニュースとは異なりますが、入院していて血液が足りなくなってしまった患者さんがこちらのページに輸血をしてくれる人を募集したところ、なんと大勢の人がコンタクトを取ってきたようです!時事ニュースとは直接の関係がなくとも、ラオス人にはこうした人と人との繋がりを大切にするニュースも重要です。

時事ニュースとは直接の関係がなくとも、ラオス人にはこうした人と人との繋がりを大切にするニュースも重要です。
いかがでしたか?
ラオスでも若者を中心にネット文化は広まり、ビジネスや情報など様々な方面でその可能性を伸ばしています。ですが、元のすべての背景にあるのは人と人との繋がりの温かさを感じることが出来るか否かだと考えます。

ラオス人にとって、人と人とのつながりはかけがえのないものなのです。

 

(アジアクリック.ラオス特派員/ Chin)

当社では、Facebook運用代行を中心とした訪日・現地PR、現地調査、現地営業代行で日本の皆様がアジアを知り、アジアと繋がり、アジアでうまく行くお手伝いをさせていただきます。
アジア市場のビジネスはお気軽にご相談下さい。info@asiaclick.jp

最後までお読みいただきありがとうございます。
本ブログは、アジアクリックが運営しています。

お問合せ・アジア市場のご相談は

アジアクリック
TEL:0120-74-1990
email:info@asiaclick.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

アジアクリック
ページ上部へ戻る