ASIACLICK NEWS−ASEAN10カ国、台湾、香港の現地特派員が現地のマーケットの生情報をお伝えします。

マレーシアで最も需要の高い日本の3つのサービス・製品

Selamat petang!マレーシア特派員のヌルルです。

今回はマレーシアで最も需要の高い日本の三つのサービス・製品ということでお話させていただきます。

第四代首相のマハティール氏が大の親日家ということと、

同氏が打ち出したサービスの向上を目的とした「Look East Policy」によって、

たとえ日本を訪れたことがないマレーシア人であっても、

日本のサービスの素晴らしさはここマレーシアでも広く知られています。

そんな憧れのサービス大国日本のサービス・製品の中でも特に人気のある3点をご紹介いたします。

リテールサービス

たとえば、イオンです。

欲しい物が何から何まで簡単にそろえられるというショッピングセンターとしてとても人気です。

近年、Jaya Jusco、イオンはマレーシア人の間で急速のその知名度を上げていて、

マレーシアで最も有名なリテールといえるのでしょう。

その中で特に人気なのは、コストパフォーマンスに定評のあるDaiso、RM5 shopです。

競合としてHinodeもDaisoに次いで人気ですが、

商品のユニークさ、コストパフォーマンスから言ってやはりDaisoの人気・知名度にはかないません。

また、Juscoも人気で、これは前述した政府主導の「Look East Policy」の賜物といえるでしょう。

Picture2

 

自動車・自動車製品

マレーシアで車を運転する人であれば、

そのほとんどがトヨタ、日産、三菱、本田とった日本製の車のファンと言っても過言ではないでしょう。

(ちなみに、マレーシア人女性の圧倒的な支持を受けているのはマツダです。)

勿論日本製の車はマレーシアでは高い関税がかけられていることもありとても高額ですが、

車に対して強い趣向を持つマレーシア人にとってはそれでも手に入れたいブランドなのです。

Picture3

 

 

 美容製品

日本の美容製品はそのクオリティーの高さからマレーシア女性の間でも羨望の的です。

特に人気なのは、SKIIです。

一方で、日本の美容製品、特に肌をなめらかにする製品は女性だけではなく男性にも人気です。

ただ、何と言っても高額なので、殆どのマレーシア人には手が届かない夢のままで終わってしまいます。

Picture4

 

 

 

 

Picture5

 

 

To be able to experience Japanese services culture somehow can be considered as paradise on earth.

The feeling that we get from the working staff which is full with courtesy, respect and honesty are priceless and heart-warming.

Hopefully, Japan Service Culture will continue to survive in this modernization and westernization era and remain sacred and full of arts.

(Photos courtesy from Mr. Google, we do not own the copyright)

 

Look East Policyとは…。(外務省HPより抜粋)
「ルックイーストポリシー」あるいは「東方政策」という言葉を、耳にされた方も多いのではないかと思います。
東方政策とは、1981年 にマハティール前首相が提唱した構想で、
日本及び韓国の成功と発展の秘訣が国民の労働倫理、学習・勤労意欲、道徳、経営能力等にあるとして、
両国からそう した要素を学び、
マレーシアの経済社会の発展と産業基盤の確立に寄与させようとするマレーシア政府の政策です。
http://www.my.emb-japan.go.jp/Japanese/JIS/LEP/top.html

(アジアクリック・マレーシア担当/ヌルル)

最後までお読みいただきありがとうございます。
本ブログは、アジアクリックが運営しています。

お問合せ・アジア市場のご相談は

アジアクリック
TEL:0120-74-1990
email:info@asiaclick.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

アジアクリック
ページ上部へ戻る