ASIACLICK NEWS−ASEAN10カ国、台湾、香港の現地特派員が現地のマーケットの生情報をお伝えします。

熱帯気候のマレーシア、蚊の天国?

バズーカー砲のような機械で煙を出している姿。
(http://www.straitstimes.com/)

Selamat Petang! マレーシアのシャフィックです。

日本もそろそろ暑くなってきたでしょうか?
マレーシアではあの嫌われ者、蚊が既に飛んでいます。

さて、マレーシアのような熱帯気候の国では、蚊をどのように退治していると思いますか?

 花が美しい季節到来!しかし厄介者も登場

デング熱を伝染するデング蚊、黒色の体や白色の縞ですぐ気づかれる。 (http://www.freemalaysiatoday.com/)

デング熱を伝染するデング蚊、黒色の体や白色の縞ですぐ気づかれる。
(http://www.freemalaysiatoday.com/)

春の日本で素敵な花が4月から咲き始めたでしょう。
熱帯の東南アジアと違い、花が咲く期間が比較的に少し短い。

一年中暑いマレーシア、タイなどの国では四季ない代わり、気温のためたくさんのきれいな花は1月から12月まで咲いています。
もちろん種類によって咲く時期が異なりますが。素敵でしょう。

それにもまして、暑い気温にいつも嫌われるのがひとつあります。
日本の夏でも一緒、我々が一番嫌いなことは虫、特に蚊です。

マレーシアでほぼ毎日雨が降り、どこにも水溜りが簡単にできてしまいます。
水のきれいな水溜りは蚊にすぐ見つけられ、卵を産み何日後大人の蚊になります。

このように、熱帯気候の国にこの繰り返しで蚊の数が増えてきます。
熱帯気候国は虫、蚊の天国と呼んでも悪くないと思います。

蚊に刺されるとマラリア、デング熱のような大病気になりやすいです。

 

熱帯の国の、大胆な(!?)駆除方法

 マレーシア、タイなどで蚊の駆除方法のひとつは煙です。
蚊が住みそうなところ、特に家の周りにバズーカー砲のような機械で物凄い煙を出しながら駆除していきます。

この方法はよく「Fogging」と言われます。

よく行われるのが午後の5時過ぎ、蚊はいつもこの時に飛んでえさを探しています。
出された煙は大人の蚊を殺すが、人や他の動物に影響を及ぼすことがないそうです。

Fogging直後の景色。

Fogging直後の景色。

この方法で、あくまでも暫定的に2~3日は蚊はいなくなります。
しかし、その後子供の蚊が大人になり、また蚊が増えます…。
やはり家の周りの掃などの恒久的な駆除方法が効果的でしょう。

あなたの国では、どうやって蚊を駆除しますか?

 

(アジアクリック・マレーシア担当/シャフィック)


最後までお読みいただきありがとうございます。
本ブログは、アジアクリックが運営しています。

お問合せ・アジア市場のご相談は

アジアクリック
TEL:0120-74-1990
email:info@asiaclick.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

アジアクリック
ページ上部へ戻る