ASIACLICK NEWS−ASEAN10カ国、台湾、香港の現地特派員が現地のマーケットの生情報をお伝えします。

【フィリピン事例】日本料理店がマニラで成功する条件をフィリピン人がこっそり教えます!

こんにちは、フィリピン現地特派員のMarinetteです!今回は、フィリピンで日本料理店が成功するにはどんなことに気を付けたら良いかについてご紹介させて頂きます。

 

「食事とはまさに人生である」。これは、どんな世代の人でも殆どの方が持ち合わせているモットーでもあります。食品業界の裏側は“美味しいご飯のために”、実際は好調な経営状況ではないかもしれません。ですが、これは驚くような話ではないのです。

私は、この話なしで今もなお成長し続ける有名な日本料理店の数々を探し求めることは出来なかったでしょう。

 

さて、フィリピンでのブランディングやマーケティングに関して言えば、日本料理は成功していると人気料理のジャンルの一つです。日本料理は、実際に個々の料理の味や仕込みなどが異なるため、それぞれ勉強すべき点を構築して自らの手で基盤をそこに築かなければなりません。私が日本料理店を回ってみて、有名な日本料理店が成功する理由の秘訣がこの点であったことに気付きました。

 

ご紹介させて頂くその秘訣は以下の5点のポイントを含んでいます。

 

  • 場所

場所は、販売や価格設定、営業時間に関して言えば大きなインパクトを与えます。

レストランはビジネス街に位置している場合、多くの人が仕事の合間のちょっとした時間にレストランへ食事をしに来ています。そのため、ビジネスマンには料理を提供する“速さ”必要となってくるのです。ビジネス街の家賃は他の場所と比較すると恐らくかなり高額になります。この様な場所で経営していくためには、自分が思っている価格設定よりも、より高い価格に調整する必要があります。

 

  • 消費者インサイト

もちろん高い売上を求めるのであれば、まだ自身の売上の目標金額を超えていなくても店舗はそれを満たしていかなければなりません。そのためにはレストラン経営において、顧客の求めるものと自分のアイデアの両方を組み合わせていくことが大切です。

 

  • PRキャンペーン

この方法は決して錆びない鉄板PRキャンペーンです!より多くの顧客を勧誘するためには、食欲をそそるようなキャッチーな宣伝を考える必要があります。もしかしたら、あなたの考え出した新メニューを食べた人達がいつの間にか常連になっているかもしれません。

 

  • “適切な提示をすること=良い広告”である!

良いプレゼンはいつも自分の良い仲間となるでしょう。良いプレゼンのネタがある場合は、ソーシャルメディアを活用して年齢層も幅広くいるSNSユーザーに向けて宣伝をしてみましょう。自分のレストランがSNSを介して瞬時に有名である可能性があるからです。ユーザーがSNSであなたが掲載した写真を見て、その美味しさを味わうために「このレストランはどこにあるんだろう?」や「どうやってアクセスすればいいのか?」などとお店の様々な情報を調べていくことでしょう。こうなってしまえば好奇心は増すばかりです。

 

  • 仕入先と仲良くなる

自分が現地で地位を得ていくためには、周囲の人達と互い助け合いながら良好な協力関係を築く必要があります。その関係の中で、あなたの仕入先の卸売業者の方達が助けてくれることがあるかもしれません。仕入先の人達はあなたのビジネスをより派生させてくれる存在でもあります。いくらか利益に影響する事業をこちらからお願いすることもでる存在です。その理由は、仕入先の方達はあなたのビジネスを上手く実行するために不可欠な存在の一つであるからです。あなたが知らないことを彼らから教わることで、彼らの存在はあなたに巨大な利益を与えるかもしれません。

 

以上の5点が、あなたの新しい食品事業を実施していく中でいくつかの主要なヒントとなることを願います。ですが、重要なものは、あなたの意思決定および管理技術であるということを一日の終わりにぜひ考えて見て下さい。そして、あなたが正しいと思ったことを是非やって見て下さい!するとおのずと他の結果もついてくることでしょう。

(アジアクリック・フィリピン特派員/Marinette)


最後までお読みいただきありがとうございます。
本ブログは、アジアクリックが運営しています。

お問合せ・アジア市場のご相談は

アジアクリック
TEL:0120-74-1990
email:info@asiaclick.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

アジアクリック
ページ上部へ戻る