ASIACLICK NEWS−ASEAN10カ国、台湾、香港の現地特派員が現地のマーケットの生情報をお伝えします。

【フィリピン】フィリピン向け商品の企画に欠かせない2つのポイントとは?!

1

セラマソレッ!アジアクリック特派員のルキです。

先日、イスラム教断食明け大祭休暇を利用して、フィリピンのマニラを訪れました。マニラでは東南アジア全域で利用者が増加し続けている「Grab Taxi」のサービスや、食事へ行った際の嬉しいサービスなどに非常に感心しました。そこで今回は、私インドネシア人の目線で東南アジアの人々が喜ぶサービスとフィリピン向け商品の企画に欠かせない2つのポイントをご紹介致します!

「シェアリングエコノミー」による快適な旅>

2

 

 

 

 

 

 

 

 

マニラの公共交通機関はインドネシアと似ており、アメリカ発祥の「Uber」やマレーシア発祥の「Grab Taxi」などで自家用車タクシーをオーダーすることができるため、安く車移動をすることが可能で大変便利でした。東京を訪れた際にJRや地下鉄で移動するという楽しさもありますが、やはり自国でバイク移動していて歩きなれていない私のような東南アジアの人々にとって、自動車で安く移動できるということはとても魅力的です。特に2人以上で旅をする場合は、多くの人が自動車での移動を好みます。また、目的地までドライバーさんがナビを見ながら連れて行ってくれるため、道に迷わず大変便利です。日本でも外国人観光客特別割引などでタクシーや自家用車に乗ることが可能であれば、より観光しやすくなり、東南アジアからの観光客が増加すると考えられます

加えて、マニラの空港やショッピングモールには「Grab Taxi」のオーダーBOXがあり、そこにいるスタッフに目的地を伝えればオーダー可能です。海外旅行の際にWi-Fiに繋がないと携帯を使用できないという人は多いので、そう行った場合でも利用できて便利ですよね。自分でオーダーしても、スタッフの方にオーダーしてもらっても値段はもちろん変わらないため、安心して利用できます。

 

<レストランの無料サービス>

3

 

 

 

 

※画像:VIKINGS公式Instagram(https://www.instagram.com/vikingsluxurybuffet/

フィリピンに初めてできたバイキングレストラン「VIKINGS」では、『誕生日を祝うサービス』を提供しています。年齢は関係なく、誕生日の人は1人分の料金である888ペソ(約2,000円)を支払うことで、ランチとディナーを楽しむことができたり、4人分を支払うと1ヶ月間何度でも食べることができます。

4

 

 

 

 

 

 

 

 

更に店員さん達が、盛大にお祝いもしてくれます。私が訪れた際、テーブルに案内されてすぐに「今日は誕生日ですか?」と聞かれました。一体何のことかと思いましたが、途中で誕生日の歌が流れるとバースデーの人全員にケーキを運ぶ様子がわかりました。この「VIKINGS」だけではなく、フィリピンの多くのレストランで同様のお祝いサービスを実施しています。私は数日間だけの滞在でしたが、レストランのいたるところで誕生日のお祝いを一生懸命しているスタッフの姿を目撃しました。大きな声で誕生日の歌を歌いながらケーキを持ってくるのは、とても印象的でした。いくつになっても誕生日を重要にとらえているという点では、東南アジア共通の文化だと言えます。日本のレストランでも、誕生日や外国人観光客に特別なお祝いやサプライズがあると、話題を呼び集客数が上がる可能性がありますね。フィリピンでは多くの人が写真を撮り、インスタグラムなどに投稿していました。それを見た人は、自分の誕生日の時には行こうと考えるため、SNSでの宣伝にとても効果的だと言えます。

フィリピン人をターゲットにしたサービスでは、「派手」・「何度でも」というお得感の2つがキーワードになります。いつもみんなで楽しく過ごしていたいフィリピンの人々にとって、盛大なイベントはとても魅力的です。またお得感を求めていますが、「〜円で〜回」という表現よりも「何度でも」という表現の方が彼らには響きます。そして、ご紹介したフィリピンのサービスは東南アジアの人々をも魅了しているため、日本でも同様のサービスがあれば、訪日外国人に人気が出る可能性が高いです。このようにサービスの提供者が何をしたいか、どのようにPRしたいのかではなく、ターゲットとなる層が求めていることを現地の人の目線で考えることが重要なのです。

アジアクリックでは、東南アジア各国の特派員がローカルの目線で皆様の海外進出をサポートしております。Webアンケートやグループインタビューなどの市場調査だけではなく、商品企画、販路開拓、販売までワンストップで実施可能です。まずはお気軽にご相談くださいませ(info@asiaclick.jp)!

 

(アジアクリック・インドネシア特派員/ルキ)


最後までお読みいただきありがとうございます。
本ブログは、アジアクリックが運営しています。

お問合せ・アジア市場のご相談は

アジアクリック
TEL:0120-74-1990
email:info@asiaclick.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

アジアクリック
ページ上部へ戻る