ASIACLICK NEWS−ASEAN10カ国、台湾、香港の現地特派員が現地のマーケットの生情報をお伝えします。

訪日観光成功のためのコツとヒント

a38a829ba515bb7b9b154d5ced481499

こんにちは!フィリピン現地特派員のマリネットです。

ここで、11月に私が訪日観光をした際に行った準備についての話をしたいと思います。私は旅行やバックパッカーをするのがとっても好きなのですが、グループツアーの旅行が嫌いなんです。理由は、これらのツアーで行く場所はとても限られていて、観光客はその場所の文化を感じ取ることが出来ないからです。この様に私一人だけだと、それ故に自分の訪れる旅先についての情報は何でも調べなければなりません。インターネット上でより早く情報を見つけるには他にどんな所があるのか?私は訪日前に知りたいと思った情報を正確に見つけるために、異なる検索条件を使っていました。以下で、私のGoogle検索術を共有したいと思います。

日本の天気 ― これは勿論、私のトップリストに入ります。いつも、私はその場所へ行く時は体調に備えるようにしています。特に、四季があることが知られている場合は。熱帯の国から来ると、これは私にとって非常に重要で、衣類や他の物を持って行くためには正しく把握する必要があるんです。

私の旅は11月で寒かったので多くの服を持って行きました。あと、潤ってなめらかな唇を保つためにリップバームを持って行きました。昔ながらの方法で天気予報を提供する別のウェブサイトがあり、これなら問題にならないので、かなり簡単に知ることができます。

日本でやること ― これは観光客が使う最も基本的な検索条件だと思います。勿論、誰もが目的地では何が出来るだろうかと知りたがっています。この情報は普通、ニュース記事や旅行者のブログ、SNSなどで見ることが出来ますね。個人的にニュース記事よりも旅行者のブログを読むことをお勧めします。これらのブログは生情報で、編集されていないので読者はその旅行先の欠点を見ることが出来ます。いつも、私は比較のために5~7のサイトをチェックしてからブロガーが最もオススメしているものに基づいてTO-DOリストを作っています。有難いことに私の日本の訪れた京都、大阪、東京は素晴らしく、訪れる価値がありました。

日本について ― これはあなたが目的地をどうやって回るのか、そのアイデアがあるのかということです。日本では時間は本当に速く流れるので、鉄道システムが数分でも遅れることはありませんでした。自分だけの限られた散策時間を有意義にするためにも時間の使い方には検討する必要がありますね。旅のヒントは、少なくとも電車やバスの出発のスケジュールを含め、それらの交通システムを理解することです。ロンリー・プラネットや、それらの似た様なウェブサイトで熟読しておくことです。あとは、旅行中にGoogle Mapを使用することをお勧めします。こうすれば、自分の手の中に旅をエンジョイ出来る工夫や手段が沢山詰まっていることになりますね!

基本的な日本語会話 ― 旅の準備する上で重要なことの一つは、言葉の壁です。単刀直入に言うと、私の遭遇した大抵の日本人は英語でコミュニケーションが出来なかったです。私が提案するのは、日本語の「ありがとうございます」、「いらっしゃいませ」、「これはいくらですか?」、「トイレはどこですか?」などの基本的な日本語会話はあらかじめ知っておくことです。これらの基本事項は、滞在中に地元の人々とコミュニケーションを図る際に役立ちます。このような語学の基本コースを無料で提供しているウェブサイトがありますので、ぜひ訪日前に少しでも学んでおくことをお勧めします。

他の国の文化を知ることは見逃してはならない一生に一度の機会です。

日本はとりわけ文化遺産が形に残っています。最新鋭の技術が揃い、いくつもの世代が融合した商業地域を見たら恋に落ちてしまうことでしょう!

私のご紹介させて頂いたこれらの旅行術を、訪日観光の際に役立てて頂けることを願っています。

(アジアクリック・フィリピン特派員/Marinette)

当社では、Facebook運用代行を中心とした訪日・現地PR、現地調査、現地営業代行で日本の皆様がアジアを知り、アジアと繋がり、アジアでうまく行くお手伝いをさせていただきます。

アジア市場のビジネスはお気軽にご相談下さい。info@asiaclick.jp


最後までお読みいただきありがとうございます。
本ブログは、アジアクリックが運営しています。

お問合せ・アジア市場のご相談は

アジアクリック
TEL:0120-74-1990
email:info@asiaclick.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

アジアクリック
ページ上部へ戻る