ASIACLICK NEWS−ASEAN10カ国、台湾、香港の現地特派員が現地のマーケットの生情報をお伝えします。

フィリピン人がFacebookを使う4つの事情とは?

フィリピンのフェイスブック事情、マニラ現地からの特派員レポート。

こんにちは、マニラ特派員のオムです。
今日はフィリピンのFacebook事情を現地からお伝えします!
フィリピン人は、Facebookというアプリケーションをアプリの中で最も使っています。
では、Facebookで何をしているのでしょうか。

 

フィリピンのフェイスブック事情、マニラ現地からの特派員レポート。

フィリピンでは感情を表すため、またOFWと連絡をとるためにフェイスブックを利用している。

 

1.感情を表すため〜写真や今感じている事を載せる

フィリピン人は、今すぐに思った事を載せます。
例えば、テストで満点取った嬉さ、失恋した悲しさ何でも載せます。
これはたぶんこの喜び、悲しみを他の人にも今すぐに伝えたいという気持ちがあるからです。
日記感覚で使う人も多々います。

また、写真を撮ることが大好きです。
落ち込んでいる写真、喜びでいっぱいの写真。
今日あったこれらの出来事をFacebookを通じて世界のみんなにシェアーしたいという気持ちがあります。
ですので、Facebookというアプリケーションはフィリピン人には欠かせないものとなっています。

 

2. 世界に広がる家族・友人とチャット&通話をするため

フィリピン人の多くが、母国を出て他の国で仕事をしています(OFW)。
なぜ他の国で仕事をしているかというと、今フィリピンの経済的な面でフィリピンでお金を稼ぐことがとても難しくなっています。
ですのでフィリピン人の多くは、家族と離れてでも色々な国に行って仕事をしています。
他の国で仕事した方がお金は稼げます。
このようなOFWの方達のコミュニケーションのためにもFacebookはよく使われています。

Facebookを通じて、家族、人達とコミュニケーションをします。チャットはもちろん、ビデオ通話もFacebookにはありますのでSkypeをインストールしなくてもビデオ通話ができフィリピンで人気です。
 

3. Facebook内のアプリケーション(ゲーム)をする。

これは、とても便利です。Facebookの中にゲームがすでに入っているので他のページで探すよりも、すぐに遊びたいゲームを見つけることができます。人気はCandy crush sagaやテトリスです。

 

4. Fan Page & Groupを作成

Fan pageとはなにか。
これは、好きな芸能人や番組のページを自分達で作ります。
そのページのなかでその芸能人の新情報など皆で色々話します。
そのページは、プライベートにすることもできますのでメンバーの方達だけでお話できるようにもなっています。

これは、ビジネスでも使えます。
例えば、新しいビジネスを開いた場合ですね。

そのビジネスの従業員のFacebookを見つけてそのファンページのメンバーの一人にする。
そうするとその従業員はその新しいビジネスを皆に知ってもらうために、知り合いの方やたくさんの人にLIKEをしてもらいます。
このLIKEが多ければ多いほど、そのビジネスは沢山の人々に知ってもらっているということになります。

飲食店Jolibeeのフェイスブックページのコメント例。おしゃべりなフィリピン人らしい

飲食店Jolibeeのフェイスブックページのコメント例。おしゃべりなフィリピン人らしい

Groupはなにかというと、例えばプロジェクトや学校のクラスのグループ。
これもメンバーだけが使えます。

ここには、明日の宿題、時間割、予習 & 復習用のノートなどクラスで必要な事を載せることができます。
このグループのおかげで、一人ひとりが明日の日程を見ることができます。

Facebookは沢山のことに使用することができます。
特に私たち外国で働き、家族友人が世界に広がっているフィリピン人にとってまたとても簡単に、そして確実に世界中の相手に伝えたいことが伝わるのです。
Facebookは人と人との間の感情コミュニケーションを充実できる、とても良いアプリケーションだと思っています。

 

次回は、フェイスブック以外にフィリピンで人気のアプリを紹介します。

(マニラ特派員/オム)


最後までお読みいただきありがとうございます。
本ブログは、アジアクリックが運営しています。

お問合せ・アジア市場のご相談は

アジアクリック
TEL:0120-74-1990
email:info@asiaclick.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

アジアクリック
ページ上部へ戻る