ASIACLICK NEWS−ASEAN10カ国、台湾、香港の現地特派員が現地のマーケットの生情報をお伝えします。

【シンガポール】わずか1年弱で公式フェイスブックのイイネ獲得数は9,000件超え!WATANABE COFFEEがシンガポールで支持を獲得する3つの理由とは?!

1

こんにちは、PR事例特派員のAyaです!

今回は、2015年7月にチャイナタウンで1号店を出店したWATANABE COFFEEの現地フィット型PR事例についてご紹介致します。

・WATANABE COFFEEとは?

日本の古き良き喫茶店スタイルを保持しながらこだわりの美味しいコーヒーを提供する日本の珈琲店です。2013年に渡邊珈琲店としてシンガポールに初出店し、Japanese Style Caféを提唱する「和カフェ(Wa-Café)」として営業してきました。その後、渡邊珈琲店を運営するKitchen511PteLtdが2015年7月にシンガポール伊勢丹スコッツ店にCafé&BarスタイルのWATANABE COFFEEを出店しました。

 

・WATANABE COFFEEがシンガポールで確実に支持を獲得する3つの理由

  • 現地にもフィットしたBarスタイル

シンガポールにはバーが非常に多いです!金曜日の夜は、お洒落スポットのホランド・ヴィレッジや中心街に位置するクラッキーなどのバーが賑わいます。週末の夜はバーで過ごすのがシンガポールの粋な過ごし方でもあるのです。その要素をカフェにも取り入れているというポイントは非常に大きいのです。昼はカフェとして立ち寄れ、夜はバーとしてお酒も楽しめるという2つのスタイルを展開することで、より多くの顧客獲得に繋がりますね。

 

  • SNSを駆使したPRの充実

WATANABE COFFEEではSNSを駆使したPR戦略も積極的に行っています。その中でも特出すべきは、東京シンガポール往復航空券のプレゼントキャンペーンです。

2

 

 

 

 

 

 

↑公式フェイスブックに投稿されたプレゼントキャンペーンの記事

この往復航空券はもちろん誰でもプレゼントと言う訳では無く、一等賞の景品です!実は、このようなSNSでのプレゼントキャンペーンは、今ASEAN諸国でとても多く行われているPRの一つなのです。景品は化粧品のお試しセットなどの小さなものから、このような航空券などの大きなものまで取り扱われています。

この投稿も182件のイイネを獲得し、フォロワーからシェアもされています。プレゼントキャンペーンはフォロワーの注目を集めやすいのです。話題性を高める方法としてプレゼントキャンペーンを実施することで、フォロワーの注目だけでなく、シェアされることで新規の顧客の獲得に繋がりますね。

  • 日本を全面的に推し出したPR戦略

WATANABE COFFEEでは日本のコーヒー店であるというPRが至る所で上手く活用されているのです。その事例の一つとしてほうじ茶プロモーションが挙げられます。

3

 

 

 

 

 

 

 

↑公式フェイスブックに投稿されているほうじ茶プロモーション記事

 

このように、ほうじ茶を使用したラテや和菓子のどら焼きなどの商品も展開されているのです。和菓子やほうじ茶、抹茶などのMADE IN JAPAN製品はシンガポールで非常に人気があります。そのため、それを全面的にPRすることで口コミや話題性が高まることにも繋がるのです!

PRについての不安な点や現地での最新情報などを知り、前もって対策しておくことは、現地でのスタートダッシュを最高の状態で切ることに繋がります。現地でのことならアジアクリックにお任せくださいませ!私達スタッフや現地特派員が皆様のサポートをさせて頂きます。

(アジアクリック・PR事例特派員/Aya)

参考

Assentia Holdings, Inc.

http://www.assentia-hd.com/case_example/%E6%B8%A1%E9%82%8A%E7%8F%88%E7%90%B2%EF%BC%88wa-cafe%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB1%E5%8F%B7%E5%BA%97%E3%81%8C%E9%96%8B%E5%BA%97%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%EF%BC%81/

シンガポール経済新聞

http://singapore.keizai.biz/headline/5914/


最後までお読みいただきありがとうございます。
本ブログは、アジアクリックが運営しています。

お問合せ・アジア市場のご相談は

アジアクリック
TEL:0120-74-1990
email:info@asiaclick.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

アジアクリック
ページ上部へ戻る