ASIACLICK NEWS−ASEAN10カ国、台湾、香港の現地特派員が現地のマーケットの生情報をお伝えします。

シンガポール、車を買う時に運試しの入札?

マジュラ シンガプーラ!
Hina からのシンガポール最新情報です。

シンガポールで車を購入するときは、新車購入権で入札を行わなければいけません。
日本で馴染みのないこの購入権について、今日はご紹介します!

シンガポールで車を買おう!新車購入権とは?

シンガポールで車を購入する時は「新車購入権(COE)」で入札を行わなければなりません。
すなわち車両販売店に行って車を買ってもこの入札で権利を勝ち取らないと運転が出来ないのです。

COEを分けると以下の通りです。

Aカテゴリー:約6万ドル(排気量1.6リットル以下、出力130馬力以下の乗用車)

Bカテゴリー:約7万ドル(排気量1.6リットル以上、出力130馬力以上の乗用車)

Cカテゴリー:トラックやバス

Dカテゴリー:バイク

オープンカテゴリー:約6.5万ドル(どの乗用車の購入にも利用可能)

上の3つのカテゴリーは、前回よりも約7%-16%ほど価格が下落しており、21ヶ月ぶりに低水準になりました。

今年5-7月に発行されたCOEは月4000枚程で前期よりも32%多くなっております。
前期の自動車登録抹消台数が多かったため発行枠が拡大されました。

気になる入札の成功率は?

このCOE入札の各カテゴリー別の成功数は以下の通りです。
左の数字が入札受付数、右側の数字が実際に入札に成功した数。どれも約半分ほどの成功率です。

シンガポールは小学生の年齢から、受験や競争を余儀なくされますが、大人になってからも競争があるのですね。
これは賭け事が好きな中国人の血がそうさせているような気も致します。

(アジアクリック・シンガポール担当/Hina)


最後までお読みいただきありがとうございます。
本ブログは、アジアクリックが運営しています。

お問合せ・アジア市場のご相談は

アジアクリック
TEL:0120-74-1990
email:info@asiaclick.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

アジアクリック
ページ上部へ戻る