ASIACLICK NEWS−ASEAN10カ国、台湾、香港の現地特派員が現地のマーケットの生情報をお伝えします。

シンガポールで登録できない会社名って?

マジュラ シンガプーラ!
Hina からのシンガポール最新情報です。

シンガポール進出にするけど、さて会社名をどうしよう?

そんなときのために、今からシンガポールでの会社名の登録方法を知っておきましょう!

まずは会社名を予約しよう!政府からの許可が必要になる単語は?

会社名を決める事は非常に大切です。
シンガポールでは会社設立をする前にAccounting and Corporate Regulatory Authority (ACRA) にて必ず会社名を予約しないといけません。

ACRAにて予約をする際に、既に登録されている会社名や事業名などと音声学的に同一、または、類似していると判断された場合、その会社名の登録を拒否される事があります。

また、「銀行」「保険」「大学」「イスラム」「教育」「教育」など、特定の単語を使用することは政府当局によって制御及び調整を施され、会社名を設立するために政府当局からの許可が必要になります。
これは最長で、14日程かかる場合があります。

予約及び登録を拒否される会社名とは?

1)好ましくない名前

2)既に登録されている会社名

3)既に予約されている会社名

4)大臣が登録を許可していない会社名 例 Temasek

注意しなければならない点は、先に登録をしていた会社名が、後から登録された会社名の名前が似ているという理由で苦情を出される場合がある事です。
これは登録されてから12ヶ月間有効ですから、苦情を出された後の変更の手間や労力を考えると、似ている名前を登録するのは避けた方が良いと推奨されています。

会社名が決まり次第、専門家に相談をされた上で早めに予約をする事をおススメ致します!

(アジアクリック・シンガポール担当/Hina)


最後までお読みいただきありがとうございます。
本ブログは、アジアクリックが運営しています。

お問合せ・アジア市場のご相談は

アジアクリック
TEL:0120-74-1990
email:info@asiaclick.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

アジアクリック
ページ上部へ戻る