ASIACLICK NEWS−ASEAN10カ国、台湾、香港の現地特派員が現地のマーケットの生情報をお伝えします。

日本企業の台湾支店について~会社規模と人材募集

taiwan

大家好!台湾担当のチャニンです。
日本と台湾はいろいろ文化、習慣とか似ていると思いますが、しかし職場からは差異点が多さそうです。これからは台系会社と日本会社の台湾支店の差異点を話しましょう!

 まずは規模です。
日本会社の台湾支社はだいだい5-100人ぐらいですが、役割は営業、ロジスティクマネージメント、カスタマー‐サービスとかいます。台湾会社の規模は最低30から1000以上の会社も多さそうです。日本会社の分野は多く貿易会社、原料、部品会社が多くいです。

次には、人材募集です。
日本会社の人材募集は新卒採用が90%以上を占めて、入社は4月です。そして、人材募集方式は多く日系人材サービスを通じて、人材を探します。例えば、Pasona、Withって人材サービスは使っています。
初めての面接から最後面接までは1ヶ月以上かかるのは普通です。そして、入社すると、転職する方は殆どいないです。それは一番大きい差異点です。

台湾の職場文化は毎3年ぐらいで転職するは普通です。なぜかというと、確かに今の日系会社は昔より「定年退職」という文化はそんなに強くないですが、しかし台湾よりは未だに定年退職という分化傾向は強いです。台湾の職場文化は定年退職の文化はないですし、そして、給料や職位を高くなりたいと、転職は一番早い方式です。だから、台湾会社の入社ピークはボーナスを入手した後の3月です。人材募集は人事が直接に人材募集サイトで探しています。面接から入社までは2週間から1月ぐらいまでです。
日本に近い台湾ビジネスですが、理解した上で人事に当たりたいものですね。
(アジアクリック台北特派員/チャニン)

 

taiwan taiwan2


最後までお読みいただきありがとうございます。
本ブログは、アジアクリックが運営しています。

お問合せ・アジア市場のご相談は

アジアクリック
TEL:0120-74-1990
email:info@asiaclick.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

アジアクリック
ページ上部へ戻る