ASIACLICK NEWS−ASEAN10カ国、台湾、香港の現地特派員が現地のマーケットの生情報をお伝えします。

台湾人はどんなテレビ番組を通じて日本を理解する?

你好(ニハオ)!台湾担当のチャニンです♪

台湾では、日本の本や番組をよく見かけます。
なので、台湾人の対日イメージはそういったもので作られていることになります。

そこで今日は、「台湾の人々は日本のどんな番組を見て、日本について知っていくのか?」についてお届けしましょう!

本よりもテレビ!日本の番組は毎日2つのチャンネルで放映中

日本の書籍や雑誌も台湾では売られています。
しかしそれらよりも、テレビ番組を通じて、日本イメージを作った方が多いと思います。

なぜというと、わざわざ本を買ってよむより、テレビを見る方が手軽だから。
視聴者数も多いですしね。

台湾では二つのテレビチャンネル(緯來日本台と國興衛視)が、毎日 日本のテレビ番組やドラマを放送しています。放送時間は翻訳や著作権とかのため、日本より一月ぐらいより遅いです。
しかしそれでも、人気番組は人気が高いです。

台湾人選手の参加でますます人気高まる、スポーツ系挑戦番組

まずは台湾で子供や年寄りでも人気な「SASUKE(サスケ)」。
選手たちがmどうやってどんどん厳しくなる挑戦を超えていくのか、は皆が楽しみにしています。

近年は台湾人の李恩至も参加したので、台湾で「SASUKE」をもっと知られるようになりました。

 

日本の保護者には不評のあの番組も、企画の斬新さや豪華さが受けている

男女関係を中心として扱う「ロンドンハーツ」も中華圏でファンがたくさんいます。
斬新なテーマ、豪華な企画、面白いゲストは一番魅力的なところです。

近年台湾や中国のテレビ番組でも、ロンドンハーツに似た企画がみられます。

 

タイでも人気だった食べ物番組は中華圏でも人気

食べ物を中心の「いきなり!黄金伝説。」も人気が高いです。
タイ特派員のポーンドも、この番組のタイでの人気を紹介していましたね。
この番組は、超人気な特殊料理も紹介してくれます。

また人気芸能人が無人島で0円生活や1ヶ月1万円節約生活は、中華圏のテレビ番組にはこれまでなかった企画なので、特別なテレビ番組と思う方が多さそうです。

日本のカルチャーと言えば歌も欠かせない!

最後には、日本のお正月の定番番組-「NHK紅白歌合戦」です。
その年にヒットした有名歌手が名曲を歌ってくれて、豪華な背景が魅力なのは、日本の皆さんが一番ご存知でしょう。

それを契機として、台湾や中国でも「NHK紅白歌合戦」のような歌合戦番組が出ました。

 

いかがでしたか?普段みなさんが視聴する番組はあったでしょうか?

上で紹介したのは、より多くの台湾人が見ているものであって、もちろん他にもドラマやバラエティー、アニメなど放映されています。
こうしたものから、楽しみながらお互いの国への理解が深まるといいですね。

 

(アジアクリック・台湾担当/チャニン)


最後までお読みいただきありがとうございます。
本ブログは、アジアクリックが運営しています。

お問合せ・アジア市場のご相談は

アジアクリック
TEL:0120-74-1990
email:info@asiaclick.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

アジアクリック
ページ上部へ戻る