ASIACLICK NEWS−ASEAN10カ国、台湾、香港の現地特派員が現地のマーケットの生情報をお伝えします。

【タイ】呪怨ブームとタイのお化け

a82127f98996090508aaa302f54481ba

サワディーカップ‼ アジアクリックのタイ特派員のエーです。

タイで流行ってる日本のポップカルチャーと言えば、

マンガやアニメ以外にも日本映画があります。

幽霊話がタイ好きなタイ人にとって一番人気ジャンルはJホラーです。

そのJホラーブームの立役者のひとりは『呪怨』でしょう。

2000年から始まるこのシリーズはこれまでタイの幽霊映画にあまりない本格的なホラーで、

伽椰子がある家に訪れる人を呪い殺し続ける事が、

理由がはっきりしなくてもその不条理なが死や不安感が絶対的な恐怖になってホラーファンを満足させました。

 

前文にに述べたとおり、タイ人は幽霊話が好きだが、本格的なホラーが少ない。

では、タイの幽霊映画にどんなお化けが出るでしょう?

古い言い伝えの霊が多いですが、

もっとも有名なのがタイの東北部に伝わる、人間の内臓喰いの霊の「ピー・ポープ」です。

東北の田舎の村に近隣関係の悪い、怪しい行動を持ってる人は「ポープに取り憑かれた」されがち、

村から追い出されなればなりません。

今でもピー・ポープ出現の騒ぎをたまにバラエティー番組や新聞に報道されてます。

 

 

そんなピー・ポープは、タイの有名な幽霊映画シリーズの主人公ですが、

以外とコメディ、1989年始まるタイでは最も続編が多い映画シリーズである「バーン・ピー・ポープ」です。

内容は単純、人を呪い殺そうとするピー・ポープとそれを逃げる、時に退治をしようとする村人。

水上を走って逃げたりロケット・エンジン付きのスケートボードで追いかけたりする、

その馬鹿げたドタバタはタイ人 を楽しませて、

タイの「ホラー・コメディ」というポップカルチャーの原点と言っても過言ではないでしょう。

「バーン・ピー・ポープ2008年」の予告 https://goo.gl/aXJSzi

 

 

去年、タイで歴代興収1位を記録したホラー・コメディ映画「愛しのゴースト」も日本で上映しま

したが、

今でもレンタルで見られます。

タイの直球ギャグは合うか合わない人もいると思いますが、

あまり深く考えず、単純だけど楽しい映画をみたい時、

一度タイのホラー・コメディを見てみてはいかがでしょう。

「愛しのゴースト」の予告 https://goo.gl/GM2k1a

(アジアクリック・タイ担当/エー)


最後までお読みいただきありがとうございます。
本ブログは、アジアクリックが運営しています。

お問合せ・アジア市場のご相談は

アジアクリック
TEL:0120-74-1990
email:info@asiaclick.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

アジアクリック
ページ上部へ戻る