ASIACLICK NEWS−ASEAN10カ国、台湾、香港の現地特派員が現地のマーケットの生情報をお伝えします。

【台湾】台湾のTSUTAYAの新たなスタイルのお店!!注目を集める3つの戦略ポイントとは?!

1

皆様、こんにちは!アジアクリック・台湾担当のチャニンです。

Tカードを発行している『TSUTAYA』は、2017年6月末時点で会員数が6,000万人を超えています。携帯電話使用料金、伊勢丹、ファミリーマートなどでも利用でき、貯まったポイントを使用することも可能なので、とても便利ですよね。台湾では現在20店舗以上も出店されており、今年1月には新たなサービスを提供する「TSUTAYA BOOK STORE 信義店」がオープンして半年で大人気となっています。そこで今回は、TSUTAYAの新たな戦略の3つのポイントを解説致します!

TSUTAYAの台湾進出の経緯

2

※画像:亞藝影音公式ホームページ(http://www.asia1.com.tw/index.asp

TSUTAYAを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブは、2012年より台湾のCMCグループ(中環集団)と国際的なエンタテインメント事業に関し戦略的資本・業務提携を行っています。台湾における「TSUTAYA」の出店は、CMCグループ傘下の亞藝國際股份有限公司の自社ブランド「亞藝影音」が「TSUTAYA」に加盟し、「TSUTAYA」としてリニューアルオープンをしています。もともと、日本の東京都渋谷区の代官山にあるTSUTAYAが台湾のテレビや雑誌で頻繁に紹介されていたこともあり、訪日台湾人観光客の間では人気の観光スポットで、知名度がありました。特に若者は「東京へ行ったら絶対に訪れたい」と思っている人が多いのです。そのため、TSUTAYAが台湾に進出した3年後の2015年には会員数は90万人(台湾人口の約4パーセント)に達しました。更に2014年にはネット宅配レンタルサービス「TSUTAYA亞藝影音 租片網」を開始し、こちらの利用者数も増加しています。

 

TSUTAYAの新たな戦略の2つのポイント

3

 ※画像:https://hypebeast.com/zh/2017/3/hypebeast-tsutaya-bookstore

冒頭でご紹介した「TSUTAYA BOOK STORE 信義店」は、オープンしてまだ半年であるにも関わらず大変人気を集めています。ここからはTSUTAYAの戦略の3つのポイントを解説致します!

 

1)立地

「TSUTAYA BOOK STORE 信義店」は、日本でいう六本木のような台北3大繁華街の1つである信義区のデパート「統一時代百貨」内に出店されています。このデパートは日本からの新しいブランドが沢山集まっているので、特に若者の利用者が多いのです。つまり、代官山のTSUTAYAに興味を抱いている多くの若者にアプローチしやすい立地と言うことができます。

 

2)プレスリリース

台湾ではプレスリリースの記事が新聞に掲載されることが多いです。特にオープン間近のお店やSNSに関する内容の記事です。プレスリリースを行うことでSNSだけで情報を発信するよりも信頼性が高まり、更に掲載後に口コミやSNSで拡散されます。つまり、新聞を見る人・SNSを利用している人など幅広い層にアプローチができ、潜在顧客にその名を知ってもらうことができますよね。

 

3)新たなサービス

4

 ※画像:T-SITE lifestyle(http://top.tsite.jp/lifestyle/lifetrend/i/34058288/index

カフェ&レストラン「WIRED TOKYO」と融合し、お客さんがコーヒーやお酒などを飲みながら購入前の本を読むことができるようになっています。また「WIRED TOKYO」のメニューを一新し、日本の味を台湾の人々に提供もしています。席は100席、本は15,000冊用意し、店内の文具や雑貨の9割を日本から独自調達をするなどの工夫を凝らしています。サービスと販売商品両方を楽しむことができるのです。

このようなスタイルの本屋は台湾では初めてであるため、より注目を集めました。来年には2号店がオープンする予定で、「朝は本屋、夜はバー」と時間帯によって利用方法が異なるお店にデザインされています。注目を集めるだけではなく飽きさせない工夫をし、人気を維持することも重要なのです。熱し易く冷め易いと言われる台湾の国民性を考慮し、人気に火をつけた後、サービス内容を変えたりイベントを実施したりと定期的にアクションを起こす必要があります。

 

アジアクリックでは、アセアン進出に必要なステップ全てをワンストップで実施することが可能です。また、進出後の支援もSNSの運用、キャンペーンの実施、アドバイザリーなど様々な方法で行なっております。現地特派員も最新のトレンド、国民性を踏まえて皆様のアセアン進出のお手伝いを致します。ぜひ、お気軽にお問い合わせくださいませ(info@asiaclick.jp)!

 

(アジアクリック・台湾特派員/チャニン)

 

▼参考

https://hypebeast.com/zh/2017/3/hypebeast-tsutaya-bookstore

http://www.ccc.co.jp/news/2015/20151210_004877.html

http://www.ccc.co.jp/20140926_taiwan10tennme_fainal.pdf


最後までお読みいただきありがとうございます。
本ブログは、アジアクリックが運営しています。

お問合せ・アジア市場のご相談は

アジアクリック
TEL:0120-74-1990
email:info@asiaclick.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

アジアクリック
ページ上部へ戻る