ASIACLICK NEWS−ASEAN10カ国、台湾、香港の現地特派員が現地のマーケットの生情報をお伝えします。

台湾と日本の職文化の違い

11707503_855708851179549_3489596162204981733_n
こんにちは、台湾担当のチャニンです。
日本では就職活動まっただ中ということもあり、台湾と日本の職文化の違いについてお話しようと思います。

台湾と日本は地理的にとても近いので、日系あるいは台日系会社は比較的多く存在しています。
実際、日系企業は約1000社以上が存在し、台日系企業は約4000件以上存在します。
最近は日系企業の台湾以外の海外進出が目立ちますが、
台湾からの日系支社建設も依然として盛んに行われています。
ただ、台湾と日本は様々な習慣、文化が似ているといわれていますが、
職場文化はあまり似ているとはいえません。
そもそも、台湾の職場文化は日本より欧米寄りです。
たとえば、台系会社はパーティセッションの開催、制服なし、
仕事中でも同僚と話し合うことができる自由、デザートと飲み物の接種が許可されているといった点があげられます。
加えて、勤務中でもプライベートなメッセージ、電話のやりとりも行われます。
上下関係の付き合いもほとんどないです。
そして、会社全体としての社員旅行はなく、
仲の良い同僚と旅行して、領収書を提出すると、ボーナスが貰えるなんてこともあります。
台湾では日系会社は台系会社よりルールが多いというイメージが一般的ですが、
ただ、日系企業の方が労働条件がよいと考えています。両者のいいとこどりを今後していければいいですね!

(アジアクリック・台湾担当/チャニン)


最後までお読みいただきありがとうございます。
本ブログは、アジアクリックが運営しています。

お問合せ・アジア市場のご相談は

アジアクリック
TEL:0120-74-1990
email:info@asiaclick.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

アジアクリック
ページ上部へ戻る