ASIACLICK NEWS−ASEAN10カ国、台湾、香港の現地特派員が現地のマーケットの生情報をお伝えします。

【ベトナム】日本企業のベトナム進出が加速している3つの背景とは?

Picture1

こんにちは、ベトナム特派員のNhuです。

多くの日本企業が進出し続けているベトナムから、なぜベトナムが日系企業にとって魅力的な進出先かを3つご紹介させていただきます。

1. 日本からの距離とASEANの中心地

製造では生産と物流の拠点地として活躍しています。

日本から比較的近いASEAN国でありながら、アジア大国の中国の隣にあり、そしてASEAN全域の中心に位置しているため、ビジネスを運営するには大変都合が良いのがポイントと言えます。

 

2. 賃金の安さ‐1か月1万円!?

場所にもよりますが、国が定めた最低賃金は1ヵ月240万ドン(1万円)~350万ドン(1万7000円)です。

日本語を話すベトナム人雇用の際はベトナム市内の場合、日本円で5万円程度からのスタートとなります。

経済成長が似ている隣国のタイやインドネシアやよりも人件費が全体的に安いのが特徴です。

 

3. 文化が日本と大きく変わらない

例えばベトナムと同じような勢いの新興国インドネシアではイスラム教のため宗教の違いから、日本人が戸惑うこともあります。理解するために新しく学ばなければならない習慣が多いです。インドネシアではこのような理由からお酒の席というのは成り立たず、日本人としてビジネスの仕方にさえ戸惑いがあると聞きます。一方ベトナムでは8割が無宗教といわれています。先祖崇拝する部分では文化は日本と似ていると考えていいでしょう。お酒ももちろん大丈夫です。どちらかというとお酒が好きな人が多く、仕事関係のために一緒に飲酒も全く問題ありません。

先日ベトナムでは小学生から日本語を第二言語として英語と同様に勉強することが決まりました。これはベトナムが親日国であるのと同様に、日本のビジネス投資総額がベトナムで多いのも影響していると言われています。また、外資100%で企業設立が可能となりました。まさにベトナム国公認で日系ビジネスを応援していると言えそうです。

海外でのビジネスは政治やその国の文化が大きく影響されます。親日国家であり、日本人駐在員も生活しやすく、物価や人件費が安く、売り上げ利益が生まれやすいのがポイントです。

ベトナム進出をお考えの企業様、弊社へお問い合わせくださいませ。

現地からアドバイスいたします。

(アジアクリック・ベトナム特派員/Nhu )


最後までお読みいただきありがとうございます。
本ブログは、アジアクリックが運営しています。

お問合せ・アジア市場のご相談は

アジアクリック
TEL:0120-74-1990
email:info@asiaclick.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

アジアクリック
ページ上部へ戻る