ASIACLICK NEWS−ASEAN10カ国、台湾、香港の現地特派員が現地のマーケットの生情報をお伝えします。

【ベトナム】ITがベトナムに与える影響 第2弾!〜『大学×IT』で拡大するIT産業〜

1

Xin Chao!ベトナム市場担当の櫻井です。

第1弾ではベトナムの20〜34歳の人口が多いことから、『母親×IT』というテーマで人気のインターネットサイトをご紹介しました。第2弾では、『大学生』に焦点を当てます。実はベトナムの大学での授業には、驚くほどITが取り入れられています。国家もITに注力しており、IT産業がどんどん拡大しているのです!
そこで今回は大学生がどのようにITを利用しているのか、そしてIT産業の拡大の場所として注目されている都市をご紹介致します。

■ベトナムの大学のIT利用
ベトナムの高等教育機関は、短期大学、大学、大学院全て合わせて400校以上あります。大学進学率は30.47%と世界で第88位です。現在ベトナムには公立大学(国家大学、地方総合大学、専門大学、公開大学)、私立大学、外国資本の大学の3種類の大学があり、公立だと年間授業料は約25,000〜50,000円です。
そんな彼ら大学生のうち、スマートフォンとノートPC両方所有している人は72.1%です。90%以上の大学がポータルサイト(履修登録やイベント情報を確認できるサイト)を活用しているため、ノートPCの必要性が高くなっているのです。私は日本の公立大学でしたが、大学1年時(2012年)は手書きでの履修登録だったのでベトナムの大学のIT導入の早さに驚きました!

2

 

 

 

 

 

※画像:https://qandme.net/vietnam-report/IT-utilization-at-Vietnamese-universities-jp.html

さらに、40%以上もの大学生が教授とFaccebookで連絡を取り合っていたり、50%がe-bookやPDFファイルで教科書を受け取っていたりします。ちなみに日本では2016年に初めて9つの大学で、電子書籍の教科書が採用されたばかりです。

大学生が大学に求めることも「オンライン」に関することが多く、オンラインでの学費の支払い、オンラインの図書館、オンラインでのレポート提出などITの需要が高まっていることがわかります。

 

IT産業の拡大

では、需要が高まっているIT産業はベトナムでどのような状況なのでしょうか?

ご存知の方が多いと思いますが、日本からの直行便もあるベトナム・中部のダナンはリゾート開発地として有名です。

3

 

 

 

 

 

※画像:https://www.ab-road.net/asia/viet_nam/danang/

実はこのダナンに国が投資をし、IT企業が集まるソフトウエアパークが建設されています。ベトナム最大手のIT企業「FPT」も自社ビルを開所し、800人が勤務をしており、ゴルフ場、サッカー場、テニスコート、公園などを建設しているのです。最近では日本企業の富士通やNTTデータも「ダナン」に拠点を開設しました。

 

■なぜ『ダナン』が注目されているのか
ベトナムの首都・ハノイや南部・ホーチミンの方が優秀な人材が集まるのでは?という疑問を抱いている人もいるかもしれません。大手企業は2つの大都市に拠点を置き、優秀な大学も2都市にあるので、その疑問は間違えありません。しかし、その実情に注目されているポイントが隠されているのです!
①人材確保のしやすさと賃金の安さ
先ほど紹介した2つの都市は人材獲得競争が激しく、賃金が高騰しつつあります。一方ダナンは、大企業が多く進出していないため人材獲得競争は激しくなく、賃金もホーチミンの2/3と言われています。隠れていた優秀な人材を発掘するチャンスが沢山あるのです。
②ダナン工科大学
400以上あるベトナムの大学の中で、28位のダナン工科大学がダナンにはあります。この大学は日本の横浜国立大学や大阪工業大学、電気通信大学などと交流協定を結んでいます。数多くの団体から寄付金が集まっており、日本語やITの教育により一層尽力しているため、これからより優秀な人材が育成されていくと考えられます。
③Uターン
大学や就職で都市部に引越しをしても、家族をとても大切にするベトナム人は地元に帰ってしまうことがあります。そのため都市部で優秀な大学を卒業して、大企業で働いた経験のある人材もダナンにはいるということができます。

このように大手企業や優秀な大学がある都市部だけが、優秀な人材を確保する場所ではないのです!国民性や市場動向を照らし合わせて見えてくる、新たな市場が必ずあります。人材のみならず、販売戦略やPRにも共通するポイントです。
アジアクリックでは、市場・消費者調査から商品企画、PRまでワンストップで実施可能です。東南アジア・中国・台湾・香港・韓国に特派員がおり、現地の目線からサポート致します。さらに、外国人観光客の誘致のための事業も行っております。ぜひお気軽にお問い合わせ下さいませ(info@asiaclick.jp)!

(アジアクリック・ベトナム市場担当/櫻井)
▼参考
http://www.ynu.ac.jp/topics/topics_09_134.html
https://www.sekai-lab.com/times/?p=1453
https://xn--nckg3oobb0816d2bri62bhg0c.com/9%E3%81%A4%E3%81%AE%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%81%A7%E6%8E%A1%E7%94%A8%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%97%E3%81%AE%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E6%95%99%E7%A7%91%E6%9B%B8%E9%9B%BB%E5%AD%90%E5%8C%96%E3%82%B7%E3%82%B9/
https://labo-gate.com/blog/it%E9%83%BD%E5%B8%82%E3%83%80%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%81%8C%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0%E3%81%A7%E4%BB%8A%E6%B3%A8%E7%9B%AE%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E7%90%86%E7%94%B1%E3%81%A8/
https://qandme.net/vietnam-report/IT-utilization-at-Vietnamese-universities-jp.html


最後までお読みいただきありがとうございます。
本ブログは、アジアクリックが運営しています。

お問合せ・アジア市場のご相談は

アジアクリック
TEL:0120-74-1990
email:info@asiaclick.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

アジアクリック
ページ上部へ戻る